ハーフバック

  • ファン・ラッセル(SCO)

    スコットランド代表のスタンドオフ ファン・ラッセル(1992/9/23)  スコットランドのキック主体のロースコアゲームを展開ラグビーによる攻撃的なスタイルに変えた司令塔! 学生時代はニュージーランドのラグビーを経験、チェンジオブペースを上手く使い、スタ…

  • ボーデン・バレットのスピードがやばい!100mは何秒台?

    ニュージーランド代表のスタンドオフ ボーデン・バレット。ダン・カーターが抜けた穴をしっかりと引継ぎ16年、17年と世界最優秀選手にも選ばれている司令塔。スタンドオフの中でもずば抜けて足がめちゃくちゃ速く独走になると誰も追いつけない! 2019年ワールドカ…

  • ウィル・ゲニア(AUS)

    オーストラリア代表のウィル・ゲニア(1988/1/17)。パプアニューギニアの元大臣の子としても有名なウィル・ゲニアだが、何より174cmという現代ラグビーでは小柄な体格で、09年のディビュー以来 ずば抜けた身体能力は衰えていない。 2011年、2015…

  • オーガスティン・プル(NZ)

    ニュージランドが誇る万能型スクラムハーフ オーガスティン・プル(180cm 90kg) セブンス代表でも活躍し、15人制ではオークランドブルーズで活躍し2017年スーパーラグビーのベストフィフティーンに選出されている。フィジカルも強くフルバックで活躍した…

  • 田中史朗の筋肉!パンツ1枚で電気ビリビリ!

    ラグビーを知らない人は「しろう」と呼んでしまう人もいるが、「ふみあき」なので覚えておこう。「ふみ」の愛称で愛される田中選手は2008年5月の代表デビュー以来、巧みなパスワークと優れた判断力と闘志溢れるプレーで活躍。2011年、2015年とワールドカップに出場し、2019年日本ワー…

  • リマ・ソポアンガ(NZ)

    ニュージーランド代表のスタンドオフ リマ・ソポアンガ(175cm 91kg 1991.2月)自分で持って行ってもヨシッ!パスしてもヨシッ!裏に蹴ってもヨシッ!という安定感抜群の司令塔。 高さはないが、足腰が強くおまけにスピードがあるたためディフェンスにと…

  • ニック・フィップス(AUS)

    オーストラリア代表のスクラムハーフ ニックフィップス(180cm 87kg 1989/1) サイズがあるためフルバックもこなす事が出来る。 下向きなプレーでチームに貢献、ボールキャリアの内からのフォローはフランカーよりも早く、最後のごっつぁんトライを取る…

カテゴリー

ページ上部へ戻る