その他

  • タックルバックを利用したジャッカルのトレーニング1対1

    タックルバックを利用したトレーニングを紹介する。 この練習は、タックラーが素早く起きあがりタックルされたボールキャリアのボールに相手よりも早く絡む練習。 タックルした事に満足しないで、直ぐに立ち上がりボールを奪う能力はチームでも…

  • ラインアウト スローイング コーチングドリル

    ラインアウト成功のカギを握るスローインのスキルは勝敗を左右するといっても過言ではない、ラインアウトが取れないから、タッチキックを狙いにいけないという戦術ほど悲しいものはない。 トップクラスのスローイングスキルを見つけたい人のために、コーチングドリルを動画…

  • ラグビー キックの蹴り方を教えてくれるコーチ達

    このページでは、日本ラグビーでも今後メジャーになりつつある”キックコーチ”の存在について解説していく。 日本では、メジャーではないがラグビー先進国において、”キックコーチ”なる人材が存在する。近代ラグビーにおける戦術の中では、陣地に関わらず攻撃の中の選択…

  • ルーク・ロマノ(NZ)

    ニュージーランド代表のロック ルーク・ロマノ(199cm 120kg) ラインアウトのスペシャリストでもあるがフィールドプレーでのパフォーマンスの評価も高い。強靭なフィジカルを持っており、2015年のワールドカップでの、ナミビア代表の名フランカー ジャック・バーガー(FL)とのマ…

  • ネマニ・ナドロ(FIJI) 対 セタ・タマニヴァル(NZ)

    フィジー代表のネマニ・ナドロ(195cm 130kg) 対 ニュージーランド代表 セタ・タマニヴァル(189cm 104kg) の体重30kg差センター対決。ナドロがチーフスに在籍する2016シーズンの試合、当時クルセーダーズでプレーする同じくセンターのセタとのマッチアップ。強烈…

  • ドロップキック 蹴り方 ジョニー・ウィルキンソン編

    イングランド代表のジョニー・ウィルキンソン 2003年ワールドカップ優勝チームの司令塔として正確無比のキックで勝利を呼び込んだ。その、ジョニーウィルキンソンがドロップキックを蹴る時のポイントを説明してくれる。体幹が強くないと蹴る時に上半身がブレてしまうためいいキックが蹴れないよう…

  • ドロップキック 蹴り方 ダン・カーター編

    ニュージーランド代表のスタンドオフ ダン・カーターがドロップキックの蹴り方について説明してくれる動画。正確なキックでゲームをコントーロールするのが上手いダンカーターだが、ドロップキックにも自信があるようだ。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る