ポジション別動画

  • SP・マレー(RSA)

    スーパーラグビーでは、キングス→シャークス→ブルズと渡り歩き2017シーズンは4チーム目のストーマーズでプレー。184cm 80kg と体格も大きい方ではなく、足も速い選手ではないが、堅実なプレーでチームに貢献する。 ミスが少なく、ゲインするところできっ…

  • デイヴィド・ハヴィリ(NZ)

    クルセイダーズが誇る万能バックス デイヴィッド・ハヴィリ(184cm 95kg)  ウイングやフルバックもこなせるが、センターとして出場する試合が多い。 視野が広く、抜けた後のパス・パスダミーを上手く使い分け、トライラインまでボールを運ぶ最善の選択肢を選…

  • フランコ・モスタート(RSA)

    南アフリカ代表のロック フランコ・モスタート(199cm 112kg)  スーパーラグビーではライオンズに所属し16、17シーズンは決勝まで進みニュージーランドカンファレンスを苦しめた。 かつて、日本のトップリーグではリコーでプレーした実績があるが、フィ…

  • チェスリン・コルビ(RSA)

    スーパーラグビー ストーマーズのスピードスターとして、活躍を見せるチェスリン・コルビ(172cm 76kg) フルバックの出場が多いが、ウイングも出来るため、ボールを持った時のスピードには定評がある。キック処理で見せる切れ味鋭いステップで敵を翻弄しトライ…

  • ショーン・マクマーン(AUS)

    オーストラリア代表のフランカー ショーン・マクマーン(186cm 100kg)  スーパーラグビーには2014年にレベルズでデビューしタックル成功率90%以上を誇るタックラー。 アタックでも、フランカーとは思えない縦のスピードで、相手ディフェンスラインを…

  • アンドリース・クッツェー(RSA)

    ユーティリティーバックスとして活躍する、アンドリース・クッツェー(182cm 90kg) 16年、17年とスーパーラグビーのライオンズ準優勝に貢献した選手の1人。 甘いマスクで女性の人気が非常に多いが、顔だけじゃなくユーティリティーバックスとしてのプレー…

  • ジョージ・ブリッジ(NZ)

    2017年からスーパーラグビーに参戦したジョージ・ブリッジ(185cm 95kg)スピードには定評があり、加速力は一級品。クルセイダーズではウイングとフルバックでプレーし、チームメイトのデイヴィット・ハヴィリとの息の合ったプレーでディフェンスラインの穴を切り裂く。 &nbs…

カテゴリー

ページ上部へ戻る