記事の詳細

Pocket

世界最優秀選手に選ばれた経験がないと、3度も選ばれた選手にジェラシーを感じてしまうかもしれません。

 

ワールドカップで優勝した経験がないと、優勝チームを率いたキャプテンにジェラシーを感じてしまうかもしれません。

 

また、この選手を脅威と感じ、試合開始早々に潰してしまおうと作戦を立てるかもしれません。

 

ここに1つの動画がある。そこには、まさに上記の3点により、オールブラックスの偉大なるキャプテン リッチー・マコウを怪我させようとしているか、ジェラシーからか、大の大人が試合中に蹴っているシーンが映っている。

 

オーストラリア代表のクウェイド・クーパーのひざ蹴りは、「小学生の嫌がさせか!」とツッコミたくなる。

 

皆、リッチー・マコウが羨ましいのだ!

 

 

 

 

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る