記事の詳細

Pocket

2017年6月 4年ぶりに遠征するブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ。前回の2013年はオーストラリアに遠征し2勝1敗と勝ち越しており、今回のニュージーランド遠征も世界王者に勝ち越したいところだ。

 

【ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ注目選手】

 

このライオンズ遠征に選ばれる事は、イギリス国民にとって大変栄誉な事であり、同時に選ばれるのも非常に難しい。イングランド代表のキャプテンすらメンバーから外されてしまう事もあるのだ。国代表に選ばれる、そしてプリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに選ばれることを目標としている選手がほとんどだ。しかし、そのライオンズ遠征を辞退した選手がいる。

 

イングランド代表のスクラムハーフ ベン・ヤングスだ。

 

ベン・ヤングスといえば。芸術と称されるパススキルと密集からのボール裁き、ウイングに負けず劣らずのスピードで自らトライも取りに行く天才スクラムハーフ。若くして50キャップ以上を獲得している名選手。2013年にはライオンズメンバーとしてオーストラリアに遠征している。

 

そのベン・ヤングスがライオンズ遠征を辞退した理由が、「家族との時間を大切にしたい!」

 

イングランド代表でフッカーとして活躍する2歳年上の兄トム・ヤングスの奥さんが、ガンを患っており3年間闘病生活をしているとの事。余命も長くない状態にあるため家族との時間を選んだのだ。ベン・ヤングスにとって家族が困難な時に一緒にいてあげれない事は、ラインズメンバーに選ばれない事よりも辛いのだ。

こんな男が世界中にどれだけいるだろうか。自分の名誉を捨て家族を第一に考える男が。ラグビー選手としても一流の男は家族思いで、きっと誰からも愛される男なのだろう。2019年日本ワールドカップでの活躍を期待する。

 

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る