記事の詳細

Pocket

巨漢センターとして、ラグビーファンに愛されるニュージーランド代表のマーア・ノヌー。リッチー・マコウと同じく、03年・07年・11年・15年のワールドカップに出場し、11年・15年と連覇に貢献している。

 

俗にいう”マメタン”呼ばれる体格で、ステップも鋭いというディフェンスにとっては厄介なボールキャリアだが、ディフェンスは高く入ってしまう事もあるようだ。

フランスのプロリーグ トップ14にて、ノヌーが一発ノックダウンした試合がある。「えっ、ノヌーが一発で?!」という驚きもあるが、それよりも相手選手がノヌーを心配して声をかけている所が印象敵。

 

 

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る