記事の詳細

Pocket

2対1のシチュエーションにおけるアタック・ディフェンスの練習を紹介する。

 

2対1を2回行う練習だが、2対1で抜けた後、2人目のディフェンスが正面に立っているシチュエーションは試合では少ない。

 

この練習では、1目のディフェンスは単純に前に出る、そして2人目のディフェンスはバッキングのコースからディフェンスの入る。

 

アタックは、2人目のディフェンスへの対応を素早く判断する必要があり、一方でディフェンスは、内のプレーヤーも意識しながら、外側のボールキャリアにカブりすぎないように意識しよう。

 

 

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る