記事の詳細

Pocket

トップリーグ2018年ー19年シーズンが8月31日に開催しますね。このページではチケットの入手方法について紹介します。無料で見る方法を知れば貴方も試したくなるはず。

トップリーグチケットの購入方法

まず購入方法について紹介します。チケットを購入する方法は大きく2に分けると前売り券と当日券があります。当日券は会場のチケット売り場で購入する事が出来ます。

 

前売り券は、チケットラグビーやチケットぴあなどの専門サイトで購入する事が出来ます。また、サークルKサンクス、セブンイレブン、ローソンやミニストップの店頭端末で直接購入する事が出来ます。
インターネット販売:
ラグビーチケットhttp://ticket-rugby.jp/

チケットぴあhttp://pia.jp/rugby

ローソンチケットhttp://l-tike.com

チケット料金

試合会場:秩父宮・ユニバ・ノエビア・花園

券種 料金(税込)
前売 当日
SS指定席 ¥4,000 ¥4,500
S指定席 ¥3,000 ¥3,500
S指定席 小中高 ¥1,500
自由席 一般 ¥1,800 ¥2,000
自由席 小中高 ¥500 ¥700
自由席 ペア ¥3,000

上記以外の試合会場

券種 料金(税込)
前売 当日
中央席 ¥2,500 ¥3,000
中央席 小中高 ¥1,200
自由席 一般 ¥1,800 ¥2,000
自由席 小中高 ¥500 ¥700
自由席 ペア ¥3,000

 

基本的にはトップリーグの試合であればチケットが手に入らない!という事はないでしょう。

 

非常に残念ですが、2万人以上入るラグビー場に対して、トップリーグの年間平均観客動員数は約5,000人レベルと全然入っていません。超単純に考えればチケットが余りまくってるという事になります。

 

もちろん試合の中でも好カードの戦いは、人気でチケットが手に入らない試合もあるでしょう。例えば決勝戦や開幕のサントリー戦のカードです。

 

それらを除けば、収容数に対して4分の1しか埋まらないのです。悲しいです。そもそもラグビーの認知度が低いという点はネックでしょう。ラグビーワールドカップが日本で開催される事すら知らない日本人がいるのですから。

 

ニールセンスポーツが2017年9月に実施した、国際大会の認知度に関するアンケート結果によると、サッカーFIFAワールドカップを「知っている」と答えたのは全体の76%、野球のWBC(ワールドベースボールクラシック)は71%という結果でした。

 

対して、ラグビーワールドカップは42%という認知度。またそのうち、2019年に日本でラグビーワールドカップが開催されることを認知していたのは38%しかいないのです。

 

それなのに、一般席の当日券を2,000円で販売するのは如何なものでしょう。。ちなみにJリーグのチケットは自由席を800円から購入する事が出来ます。

 

試合の観客動員数は2万人レベルとトップリーグの4倍近いファンを毎試合呼び込んでいます

トップリーグチケットを無料で入手する。

いずれにしろ、試合会場のキャパを踏まえると、チケットが余りまくっているのではないかという想定に行きつきますが、ではどうやってチケットを入手するかです。

 

通常試合会場では、各チームがテントを出してブースを作っています。そこでは、チームのTシャツやボールなどグッツ販売をしたり、チケットを応援に来てくれた関係者(社員やファンクラブ会員等)に配布しています。


https://panasonic.co.jp/sports/rugby/info/2017/170803125900001.html

 

そうです。試合会場では関係者にチケットを配りまくっています。各チームは協会からチケットを○千枚、購入しています。

 

当ページライターの経験則から下記の方法がおすすめです。

①応援するチームカラーの服を着る

②試合前ギリギリにチケットを配っているブースに並ぶ

③「こんにちは!応援に来ました」と元気よく挨拶する。

④チケットを貰う

 

以上です。ファンクラブの会員証提示を求められる事はあるかもしれませんが、「社員を見せて下さい」なんて言われる事は無いでしょう。

 

そのような事を言われたら、ウソをつかず「社員ではないですが、このチームが好きなので応援に来ました」と言いましょう。

 

貰えるのか、貰えないかは言ってみないと分かりません。。ファンクラブ入会を求められたら、入会しましょう。基本的に初年度年会費無料のチームが多いです。

 

チームによっては、事前に引換券を配布しているチームがありますが、券が無くても携帯画像を見せれば基本的にはチケットを貰えます。SNS等をチェックしておきましょう。

 

1つ確かな事は、1試合で1000人規しか集まらない試合もあります。チケットが余りまくっている事もそうですが、何より応援する人が少ないほど寂しい試合はないでしょう。

 

むしろ、「チケットをタダで配りますので、応援してください!」という試合の方が多いように感じます。

 

チケットが入手できそうなおススメの試合は、アウェイで戦うチームの応援に行く事です。例えば、サニックスの地元は福岡県です。秩父宮で試合をするとなっても応援部隊をかき集めるのが大変でしょう。

 

九州が地元でラグビーに興味がある方は、是非応援に行きましょう。

 

1人でも応援を必要としているはずです。また、「今年が正念場」というように力を入れているチームは観客を集めたくて必死なはずです。

 

 

上記2つが当てはまる試合は、8月31日トップリーグ開幕戦に存在します。日野レッドドルフィンズ対宗像サニックスの試合です。

 

日野は2017年入れ替え戦でドコモ関西に勝ちトップリーグに昇格しております。”初陣”という言葉を掲げ、会社ではなく東京都日野市が一丸となって応援するようです。

 

地元の日野市ではチケット引換券のチラシも配られているようなので、相当な人数をかき集めようとしているのではないでしょうか。

 

逆に、上位チームの好カードのチケット入手は困難でしょう。例えば、サントリー対パナソニックなど集客しなくても見に来る人がたくさんいる試合は難しいですね。

 

ただ、チケット無料入手作戦をやってみる価値はあります。やるのはタダですから。1試合でも多くの試合を観戦しラグビーを好きになって下さい。興奮を祈ります。

秩父宮での観戦おススメ場所

秩父宮でラグビーの試合を始めて観戦する人の為に、おススメ場所を紹介しておきます。ラグビーの試合はサッカーと違い、密集の中にボールが隠れてしまうので、初心者の方は「どうなってんの?」となってしまう事が多いです。

 

その場合、どうしても液晶ビジョンで確認したくなります。試合を見る⇒少し液晶確認⇒また試合を見る、という流れがスムーズに出来れば、より試合を楽しめると思います。

 

 

秩父宮競技場だと、下記図の12番付近が見やすいです。

 

下記画像の位置から液晶ビジョンを確認できます。

 

是非参考にしてみて下さい。最後に、トップリーグの試合を見に行く前に是非見て頂きたい動画があります。

 

この動画を見れば、ラグビー選手に対しもっともっと興味が湧いてくるかもしれません。

 

 

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る