記事の詳細

Pocket

このページではラグビーのスクラムについて紹介致します。

 

「言葉だけ聞いたことがある」と言う人も、どんな時にスクラムを組むのか理解できるでしょう。

 

ラグビーの試合で、大きな男達が低い姿勢で組み合っているところも見たことありませんか?下記画像のような姿勢です。

これがスクラムです。これは、大半の人がご存じかと思いますが、疑問なのは「どうしてスクラムを組むのか?と言う点でしょう。

 

それは、”反則があったから、一度試合を止めて、再開”するためです。

 

サッカーなどの球技には無い試合再開ですね。サッカーの試合では、ハンドをしたりオフサイドの反則をすると相手ボールのフリーキックになりますよね。1対1の奪い合いからスタートなんて事はありません。

 

ただ 面白いのが、このスクラムはミスしたチームもボールを奪い返すチャンスがあるのです。それは、仕方なく反則を犯してしまったプレーだからです。

 

どういう事かと言いますと、ラグビーの反則後の試合再開は大きく下記の3通りに分けられます。

試合再開 区分
スクラム  軽度の反則
フリーキック 中度の反則
ペナルティーキック 重度の反則

軽度の反則が起きた時は必ずスクラムから試合再開となります。反則したチームもボールを取り返すチャンスがあります。

 

それ以外の反則は、フリーキック、またはペナルティーキックです。もちろんスクラムを選択する事も出来ますが、スクラムに絶対的自信があるチームじゃないとスクラムからの再開を選ばないです。

 

スクラムになる反則

では、必ずスクラムになる反則を説明します。以下の3つを覚えて下さい。

まず1つめは、ノックオンです。ラグビーの試合では、ボールを前に落としてはいけません。落としていいのは後ろだけです。ワザとボールを落とす選手などいません。相手ボールのスクラムから試合再開です。

 

2つ目は、スローフォワードです。ラグビーの試合では、パスは真横より後ろにパスを繋ぐ必要があります。前に投げてしまうと、反則を取られてしまいます。パスする選手、ボールをもらう選手との微妙なタイミングのズレがスローフォワードになってしまいます。こちらも相手ボールの試合再開です。

 

3つ目が、持ち込んだボールが人が密集から出てこなかった時です。この密集には、立っているモールの場合と人が倒れた上に密集が出来るラックの2通り存在します。

 

この2通りのうちラック時に出てこなかった場合については、不可抗力と判断され、相手ボールにはなりません。

 

しかし、立っている密集 モールでボールが出てこなかった場合は、「出せなかった」と判断され、相手ボールの試合再開となります。

 

また、インゴールに持ち込んだがボールをグランディング(ボールを地面につける)出来たか疑わしい時は、ゴール前5mスクラムから攻撃を再開します。

 

以上の反則は、必ずスクラムから再開します。

自分達がスクラムに自信があるから組んでいる訳ではありませんので、「何でそんなにスクラムばかり組むの?」と思っていた方は、新たな気付きがあったのではないでしょうか。

 

nbsp;
Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る