記事の詳細

Pocket

ワールドカップ前の親善試合 世界トップの南アフリカとの親善試合は、41-7で敗れてしまいましたね。点差自体はもう少し縮むとの見方もありましたが、結果は結構ひらいてしまいましたね。。

 

日本は強かったです。ただ、それ以上に南アフリカが強かったですね。まー、ワールドカップ本戦ではキックを狙える所は狙うので、この試合より点数は加点されるでしょう。

 

何より世界最高フッカーのマルコム・マークス、スーパーラグビー得点王のハンドレ・ボラード、フルバックのウィリー・ルルーのなど相当たるメンバーでガチに試合してくれた南アフリカに感謝ですね。

 

ただ、フィジカルで押し込まれるというようなトライは無かったのではないでしょうか。ほとんどはミスからでしたね。日本がやりたいプレーをやられた所もありました。でも、何が凄いって、そのミスを引き出す南アフリカのディフェンスが、マジでヤバかったですね。

 

このページでは、そんな南アフリカの「やっぱすげーなー」と当ページのライターが感じたプレーを紹介したいと思います。

 

南アフリカの湧いてくるディフェンスは、オールブラックスでさえトライを獲るのが難しいのではないでしょうか。

1.南アフリカのディフェンスが世界№1?

試合を見ている方は、なかなかトライを獲れない、トライ手前まで来てミスしてしまう日本に「何やってんだよ!」と感じてしまう方もいたのではないでしょうか。一方で、あんなに凄いディフェンスをする南アフリカに対し、思わず称賛してしまった日本代表ファンもいたでしょう。

ラインディフェンスの安定感

特にバックスラインの上りの速さは凄かったですね。日本の速いリスターにも後れを取らない2次、3次で上がりの速さ、しかも綺麗なディフェンスライン。

 

セットプレー(スクラム)からフルバックのウィリー・ルールが一気にゲインライン前まで押し上げてくるバックスのディフェンスは超ースゲー。。日本の韋駄天 ウイング松島君もゲインラインを越える事すら難しかったようです。

 

前半10分南アフリカ陣地10mスクラムでの日本ボールをで説明してみましょう。日本のバックスラインには6人、一方で南アフリカのバックスラインには4人いるのが分かりますか?

 

人数的には日本が有利な状況ですね。自慢のバックスラインでオープン(外)に回しましたが、裏へのキックをケアしていたフルバック ウィリー・ルル―がキックがないと判断した瞬間に一気にスぺースをつめてきていますね。↓

 

そして、松島君にボールが渡った時には、ゲインライン前の↓この位置↓までフェンスラインを上げています。結局、松島君は得意の腰の強さを出せずにタックルされてしまいました。

 

いやー、これは判断のスピード+足のスピードが速くないと、あの位置まで上がるのは難しいですよ。多分。いや、絶対に。。「フルバックなら普通でしょー」と思う方もいるでしょうが、あの松島選手に何もさせなかったウィリー・ルル―にはあっぱれです。日本にも同じようなシーンがありましたね。

 

後半の51分、南アフリカがキックを蹴ってこぼれたボールを南アフリカが拾いバックスで攻撃を仕掛けたプレーです。南アフリカのバックスラインの人数が多いのが分かりますよね。左サイドの緑ジャージが南アフリカです。↓

 

そして、外までボールが回った時も、3人対1人と南アフリカが優勢です。

 

日本フルバック トゥポウ選手が見えたのが、最後の2対1の場面。結果論かもしれませんが、”時すでに遅し”でしたね。プレーシャーが無い中での南アフリカの攻撃はテンポよくウイングまでボールが回っていました。

 

最後は、バッキングディフェンスに来た松島選手もかわされ、11番のマカゾレ・マビンビ選手にこの日2本目のトライを許してしましました。

 

タイミング1つで、相手の攻撃をシャットダウン。もしくは、トライを奪われてしまうウイング・フルバックの連携がどれほど大事なのかお分かりになりましたでしょうか。

 

ワールドカップの本選には、世界最高峰と称させるウイング・フルバックの選手がゴロゴロいるので楽しみですね。アタックだけでなくディフェンス力も楽しみの1つです。

フォワードのディフェンス連携

何より、フォワードのディフェンスの範囲はめちゃめちゃ広いですよね。タックルに行くポジションにいなくても、次にタックル出来るポイント意識しながらバックスラインの内と裏をフォローしているように見えます。

 

キックを蹴った後のディフェンスもしつく、ロックの選手も、日本のバックスラインをナメるようにコース取りしタックルを仕留めていました。

 

 

バックスが抜かれたとしてもバッキングの位置にフォワードがいるという事だ。だからこそ、南アフリカのバックスは思いっきりのいいアンブレラディフェンスを決める事が出来るのでしょう。

 

 

日本代表も相当走り込んではいますが、南アフリカのディフェンスも相当体力がないと規律を守る事は出来ないと思います。前半16分に南アフリカに反則があった時、早いリスタートで攻撃を仕掛けてきた日本に対し後ろに下がりながらも、素早いディフェンスで日本の攻撃を前で喰い止めていました。

 

こんなに走れる上に、フィジカルがめっちゃ強い!日本の攻撃は1人で喰い止め、1人がボールに絡みに行く。日本はそれに対して、1人のボールキャリアと3人のオーバーがポイントでファイトします。

 

この人数で、日本の球出しに時間をかけさせるのです。

 

何回攻撃しても、ディフェンスが沸いて出てくる南アフリカディフェンス!半端ないですね。下記画像は前半17分南アフリカゴール前の日本のアタックの場面。たくさんいますね。緑ジャージ。

 

最後は、南アフリカにボールを奪われそうになり、ノットリリースザボールの反則を取られてしまった。チャンスをモノに出来なかった時間。この時も、ポイントにいた人数は、日本代表3人に対し、南アフリカはタックラーとジャカルの選手2人です。

↓ノットリリースを取られる日本 前半18分

 

キック処理上手い!

試合を通して、南アフリカバックス陣のキック処置の安定感は素晴らしかったですね。日本のプレッシャーに動じず確実にキャッチしていました。

 

前半21分 日本のキックからの南アフリカのトライは日本がやりたかったプレーの1つではないでしょうか。キックキャッチのスレ違いが起きたプレーです。

 

ジョセフヘッドコーチも試合後の会見で修正すべき点としてコメントしていたプレーですね。南アの15番ウィナー・ルル―のハイパントキャッチが超ー安定したのも日本の敗因の1つです。

 

あそこまで、ことごとく綺麗にキャッチされてしまう南ア戦は、日本のキックはハイリスクでしかありませんでした。ハイリターンが想像できなかったです。

 

ハイパンキャッチの後は、日本のバラバラなディフェンスラインを簡単に突破し、11番のマカゾレ・マビンビが余裕のトライとなってしまいました。日本がやりたいアンストラクチャーからのトライです。

 

ん~、ここも結果論かもしれませんが、やはり世界最高峰のフルバックのいるチームにあの位置のハイパンキックはリスクが高すぎましたね。

 

とはいえ、アイルランド戦も狙いまくって欲しいですね。むしろ、あの位置の競り合いをモノに出来ないと、ティア1(強豪国)との試合は勝利をもぎ取る事が出来ないでしょう。

 

日本のアタックは組織化されていないディフェンスに対して、高いレベルのフィットネス&パススキルを武器に攻撃ををしかける事を得意としています。

 

キックからカウンター・アタックを支配する事が日本がティア1に勝てる重要なファクターなのです。

 

さあ、一生に一度の日本でのワールドカップが間もなく開催されます。我らが日本代表、2015年の感動を再び見れるといいですね。

 

以上 最後までご覧頂き有難うございました。

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る