記事の詳細

Pocket

ラグビーワールドカップ2019でスタジアムを沸かせた2人のウイング。松島幸太郎は日本代表初の1試合3トライを決め、コルビは決勝の大舞台で見えた圧巻のステップを記憶に残した。

 

”あなたならどちらの選手を選びますか?”

 

単純に、どちらの選手が凄いと思うか?という質問になるが、オールブラックスのレジェンド 世界最高峰のスクラム・ハーフと称されたジャスティン・マーシャルはこの選手を選んでいる。

 

では、実際にワールドカップでのスタッツから2人の活躍ぶりを見てみよう。(ソース:ワールドカップ

ワールドカップ2019のスタッツ

松島幸太郎 チェスリン・コルビ
試合出場数 5 4
トライ 5 3
ボールを持って走った距離(ボールキャリ―) 410m(53) 285m(24)
ディフェンス被突破 23 21
クリーンブレイク 11 8
タックル数(成功率) 20(77%) 28(88%)

 

松島幸太郎は、サモア戦でのハットトリックもありトライランキングは堂々の3位。日本を熱狂させた松島の走りをどうぞ。↓

一方のチェスリン・コルビはトライランキングには入らなかったものの、特質すべきは、ディフェンスの被突破率だ。ボールキャリ―24回に対してタックルに捕まらず前に進んだ回数は21回。

 

つまり、ボールを持てば、90%以上の確率でボールを持って前に進んでくれるのだ。そして、ディフェンスにおいてもスペースが広いポジショニングでありながら、88%の成功率を記録している。

 
◆チェスリン・コルビ

 

全チームから、スペースを与えてボールを持たせないようにマークされていたチェスリン・コルビ。ボールをもらえる回数が増えていれば、凄い記録を残していた可能性は十分にある。

 

以上の情報から、どちらの選手が凄いと感じただろうか。どちらからを選ぶとなると、ラグビーファンにとっては非常に難しい問題だ。

 

どちらも凄い選手だし、何より松島幸太郎/チェスリン・コルビともに26歳(ワールドカップ2019時点)。次回のフランス大会でも2人の活躍が見たいところだ。

 

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る