記事の詳細

Pocket

ラグビーの花形ポジションと言えば、どのポジションをイメージするのでしょう。2015年ワールドカップで一躍人気が出た五郎丸選手のポジションはフルバック(背番号15)です。ゴールキックを蹴るボジションという訳ではありません。別にゴールキックは上手ければどのボジションでも蹴ることが出来ます。ちなみに2015年W杯メンバーのフッカー堀江選手はパスも上手いですが、キックも普通に上手いです。

↓堀江選手

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-23-39-45

出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/825150

 

一般的には、五郎丸選手のようにゴールキックを決めて沢山点数を取るポジションが、ラグビーの花形ポジションだと思っている方も非常に多いと思います。もちろん間違いではありません。ポジションの好みなど人によって異なるでしょう。このページでは、当サイト管理人が考えるラグビーの花形ポジションについて説明していきます。

試合に勝つには、まずフォワードで勝つ事

まず、最初に知っておいて欲しい事があります。現代ラグビーにおいて、試合に勝つにはフォワードが強くないと(相手のフォワードに勝っていないと)試合に勝てません。

 


ラグビー15人のうち、8人のフォワードと7人のバックスで形成されますが、役割を簡単に説明するとフォワードがボールをキープして、ボールをバックスに配給し、バックスがトライラインに向かって攻撃します。下記動画見ていただくとイメージが付きますが、基本的にトライはフォワードから生まれたボールをバックスが展開しトライラインまでボールを運びます。

 

何が言いたいのかと言いますと、フォワードが負けてしまうとボールがキープ出来ないのです。ボールがキープ出来ないと言う事はバックスにボールが回らなくなり点数も取れないのです。

3列が強ければ勝てる!

フォワードの中でも、特に相手より強く、早く、そしてしつこくあって欲しいのが第3列(フランカー、No.8)です。特にフランカーのディフェンスは職人そのものです。長年の経験と洗練されたコース取り。そして、一発で仕留めるタックル。そして地面スレスレのジャッカルが勝敗の行方を左右します。


↓ジャッカルが分からない人はこちらの動画を確認してください。倒れたプレーヤーのボールを奪っています。ジャッカルキングと呼ばれているウェールズ代表のサムウォーバートンのプレー集です。

 

2015年のW杯での日本代表の3列をご存知ですか?背番号6番マイケル・リーチ、スーパーラグビーのチーフスでも大活躍の選手です。

背番号7番マイケル・ブロードハースト、196センチ 111キロの恵まれた体格のハードタックラー。背番号8番ツイ ヘンドリック、スーパーラグビーのレッズも活躍中の選手。しかも後半からツイと変わって出場したのが、マフィ。挨拶代わりに相手プロップを弾き飛ばしたあの腰の強さは本物です。
とにかく、2015年W杯では日本代表に超熱い人材が揃っていたわけです。世界に負けず劣らずの第3列がいたという事実を知っておいて欲しいのです。チームのために体を張り、1試合に20本以上もタックルに行く彼らは正に、英雄であり花形のポジションではないでしょうか。

 

ちなみに、2015年W杯の世界No.1第3列はニュージランドとオーストラリア代表でした。特にオーストラリアのマイケル・フーパーは、天職と言っていいほど素晴らしいフランカーの仕事を我々ラグビーファンに見せてくれました。

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る