記事の詳細

Pocket

11月12日(土)、日本代表対ジョージア代表の試合がトビリシの・ミハイルメスキスタジアムで行われた。ジョージア代表は近年メキメキと力をつけてきたチーム。2015年ワールド杯では日本と同じくリーグ3位の成績で大会を盛り上げた。中でもニュージーランド戦の粘りは、強豪国に引きを取らない試合展開だった。

 

そんなジョージア代表との大事なテストマッチ。ジョージア代表と言えばこの人、No.8のキャプテンでゴルゴジラの愛称でファンも多い「ゴルゴゼ」まさしくプレースタイルは若き日のジェイミージョセフHCに似ており、チーム大黒柱であり、接点での絡みは激しく、ここぞと言う時に大きくゲインしてくれるペネトレーターであり頼りになるキャプテン。

試合は、開始早々(前半2分)ショージアのスクラムで猛プッシュされる展開となった。ターンオーバーからチャンスを繋ぎ松島がトライするもその後はジョージアFWの近場攻撃に苦戦し、一時は22−13までリードが広がったが日本代表バックスの早いテンポでジョージアディフェンスを崩し、最終的には28−22で日本代表が勝利した。

↓日本代表 対 ジョージア

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る