過去の記事一覧

  • ラグビー日本代表に外国人が多い理由 - ニュージーランドも生まれはトンガやフィジーが・・・

    日本国内において外国人選手の多さに疑問を持つ人が最も多いスポーツが現在の日本ラグビーである。アジア人と外国人の比率を見ると、15人中の8人が外国人という布陣を目にする事もある。  ■外国人選手と日本ラグビーは共に歩んでいる 2018年現在の日本ラグビー界に外国人がいるのは珍し…

  • ラグビー分かりやすいルール説明 必ず覚えておきたい5つのワード

    複雑で難しい競技の定番と云われるラグビー。しかしどんなスポーツでもやってみればその特徴を覚え良さを理解できるものであり、ラグビーも変わらない。 試合会場には日本全国のラグビーファンが友人や同僚、家族にその良さを伝える為に足を運ぶのは珍しくない。 &…

  • 小学生のラグビーがより安全に楽しめるようになる!

    このぺージでは、長年に課題とされていた小学生低学年1.2年生のルール変更についてのご紹介したい。子供にスポーツをやらせたいけど「危険なスポーツは避けたい」とラグビーを候補から外していた方にも、今一度候補を見直す事になりそうだ。 時代遅れのルール これまでも、日本でラグビーをす…

  • 日大アメフトの反則は監督の指示?ラグビーでも起こりえる

    日大対関学大のアメフトの試合で日大の選手が行った超危険なレイトタックル。このぺージでは、あのタックルをやってしまった原因についてお伝えしたい。 また、当記事では「監督からの明確な指示」は無かったと推測し記事を作成している。 環境変化 やってしまった選…

  • 子供のラグビーが上達するアカデミー。菊谷・箕内・小野澤が日本のラグビーを底上げ。

    ラグビー元日本代表の箕内、菊谷、小野澤が小学生の子供達にラグビーを指導する「ブリングアップラグビーアカデミー」が18年4月25日プレスリリースされた。 このアカデミーは5月9日から東京都調布市のフットサルコートで指導する。府中に在住するラグビー少年にとっ…

  • ジャッカルが成功しなくなる??ラグビーのルール改正とディフェンス

    このページでは、今後「ジャッカルが見られなくなる??」かもしれないラグビーの試合について、その理由を解説していく。 ペナルティキックばかりじゃつまらない。。 ディフェンスが組織化された現代ラグビーにおいて、やはりファンが試合を見ていてつまらないのは、トライラインまでボールを運…

  • ラグビー早稲田大学監督交代 大学王者復活はあるのか?

    2018年1月に帝京大学が9連覇を達成した。その記録に日本のラグビーファンだけでなく多くの人が帝京大学の強さに疑問を持つ事は無いだろう。 前人未到の10連覇が掛かっている2018-19シーズン、帝京大学の偉業を阻止しようと各大学では既に新チームがスタート…

カテゴリー

ページ上部へ戻る