過去の記事一覧

  • 高校ラグビー 花園の優勝候補はどこ?2020-2021

    [poll id="7"] いよいよ第100回を迎える全国高校ラグビー選手権大会。新型コロナに苦しんだ1年だったが、その苦しみを乗り越えて高校ラガーメン達が花園に帰ってくる。 100回の記念大会を制するのはどこの高校なのか、追ってみたい。 &…

  • タッチラグビーでラグビーを学ぶ

    よくラグビーを言い表す言葉に「走る格闘技」とされることが多くある。激しい当たりやボールの争奪戦が、そのように呼ばれる由縁であろう。 しかしながらラグビーは紛れもなく球技である。それもある意味で大変制約の少ない球技である。 手や足…

  • ラグビー スクラムのコール、組む理由、歴史を紹介!

     一般の会話でも「この苦難をスクラムを組んで乗り切りましょう。」とか、「スクラムを組んでこのプラジェクトを達成する!」などとスクラムという言葉は頻繁に使われている。 ラグビーにおいてスクラムとはどういったものであろうか。 ラグビーのスクラムとは? 端…

  • ラグビーアナリストとは? その正体はこれを読めばわかる!

    「ラグビーアナリスト」という聞き慣れない言葉をご存知ですか?ヘッドアナリストとも言われます。 意味は読んで字の如く、「ラグビーに関するアナリスト」です。 アナリストとは、「分析者」と訳されますね。「証券アナリスト」という言葉は聞…

  • オールブラックス ケイレブ・クラークがロムーを彷彿させる!ブレディスローカップ第2戦

    イーデンパークで行われた、ブレディスローカップ第2戦(18日)は、超満員のスタンド! ウイング11番で先発したケイレブ・クラークがデビュー戦で第1戦に引き続き、鮮烈なプレーを見せてくれた。 「やばっ!、強っ! 誰この選手?」とま…

  • サントリーに天才バレット入団! 何人兄弟が知ってる?

     強面の選手が並ぶオールブラックス。その中の女性誌の表紙にもなったという端正なルックスのボーデン・バレットは、その風貌だけでなく世界最高峰のプレーヤーということで非常に人気の高いプレーヤーである。 そのスパースター、ボーデン・バレットが2021年ジャパン…

  • トップリーグ2021は大物外国人選手が勢ぞろい!

    このページではトップリーグ2021シーズンで日本のラグビーファンを楽しませてくれる外国人選手について紹介したい。 現代ラグビーにおいて、有名選手に会いたい場合、ラグビー留学するより日本で生活していた方が良いかもしれない。 ボーデンバレットのココが凄い!…

カテゴリー

ページ上部へ戻る