記事の詳細

Pocket

ロングキックが蹴られるようになれば、タッチキックで大きく陣地を挽回できたり、相手チームのフルバックの後ろまでボールを運べて有利に試合を進めることができるようになったりします。

 

ですが、キックの練習を重ねても、飛距離が出ないと悩んでいる選手は多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、ロングキックの蹴り方について解説していきます。

 

正しいスキルを身に付けることから始めよう!

 

キックの飛距離を伸ばしたいのであれば、まずは正しいスキルを身に付けることから始めます。

 

タッチキックを例に考えてみましょう。タッチキックは少しでも陣地を挽回できたほうが次の展開が有利になります。つまり、ロングキックが必要になるわけです。それには、次のようなスキルを身に付けることが重要になります。

 

  • 蹴るときの適切なボールの落とし方

ボールを適切に落とさなければ、正確なキックを蹴ることはできません。ボールを縦方向に両手で持ち(手が縫い目に平行になる向きで持ち)、そのまま落とします。

 

最近は縫い目のないボールも多いですが、君島良夫キックコーチの動画を参照ください。

 

  • 蹴るまでの足の運び方

ボールを落とすと同時に軸足(ボールを蹴らない足)を1歩踏み出します。そのとき、蹴る側の足は後ろへ大きく振り上げるのが基本です。

 

  • インパクト時のボールに対する足の動き

足のしなりを意識して下さい。つま先から膝までの動きです。足全体というよりかは、膝を中心にしてつま先を蹴り上げるスピードを意識します。勿論つま先の甲に力を入れつま先の甲はピンと伸びた状態です。

 

ボールに当たるインパクトの瞬間に足をわずかに左に動かします(右足で蹴る場合。左足で蹴る場合は、右に動かします)。

 

ボールを当てる位置ですが、人によって異なります。インステップやインフロントに当てる選手もいればアウトフロント気味に当てる選手もいます。これは自身で確かめ蹴り易い場所を見つけていくのがよいでしょう。

ボールを蹴りだす時の足の高さは高めをイメージして下さい。低い位置からでは、回転もかかりにくく飛距離も出にくいです。

 

しっかり芯でとらえることができれば、ボールに回転がかかって飛んでいき、風の抵抗を受けにくくなるため、飛距離の出るキックが可能となるのです(このようなキックは「スクリューキック」と呼ばれています)。

 

  • 蹴った後の足のフォロースルー

蹴った足は、振り抜くことが必要です。インパクトで止めてしまうと飛距離はでません。

 

インステップやインフロントで蹴った場合、インパクト時にわずかに回転をかけていることから、フォロースルーは左側に向かって振り抜きます(右足で蹴った場合。左足で蹴った場合は、逆になります)。

 

つまり、ボールを蹴る足の動きは、蹴る前から蹴った後にかけて、アルファベット「J」の形の軌道になっていればOKです。

 

逆に、アウトフロント気味で蹴った場合、「J」の形ではなく「I」を意識して下さい。真っすぐ振り抜けばスクリューキックがかかります。

 

強靭なフィジカルは必要!?

 

ロングキックを蹴るには脚をはじめ、体の筋力が必要になります。特に脚の振りは、野球に例えるならバットスイングと一緒です。ボールを遠くに飛ばすには強力なインパクトが欠かせません。

 

毎日の練習でランニング、スクワットなどを積極的に行い下半身の強化に努めましょう。また、キックは体のバランスが大切です。

 

体幹がぶれてしまっては、遠くに飛ばないのはもちろん、コントロールも定まりません。プロスポーツ選手が行っているような体幹トレーニングにも取り組むことが大切です。

 

ただし、ボディビルやウェイトリフティングの選手のような筋肉は必要ありません。ラグビーは試合の間は常に走り続けなければならないからです。

 

ロングキックを蹴られると同時に速く、そして長時間走れる筋力をつけるトレーニングを行いましょう。

 

メンタルトレーニングはどう行う?

 

ロングキックを蹴る役回りが多い選手のミスは、試合を決定づける致命傷につながることも少なくありません。そのため、キックを蹴るときに緊張してしまい失敗しがちという人もいるでしょう。

 

そのような失敗を減らすメンタルトレーニングはあるのでしょうか?結論から言ってしまえば、「このトレーニングを行えば完璧」といったものはありません。

 

ロングキックを成功させるには、練習や試合を通して慣れていくことが一番です。慣れることで、いつでも冷静で正確なキックを蹴ることができるようになります。

 

肝心なのは公式戦でロングキックを失敗しないことです。ですから、チーム内での紅白戦や他校との練習試合で数をこなしていくのが一番のメンタルトレーニングになります。

 

また、そうした試合の中で成功したロングキックのイメージを忘れないことも重要です。成功体験を再現できれば、理想のロングキックが数多く蹴られるようになります。

 

【まとめ】ロングキックをマスターしよう!

 

ロングキックはチームにとって大きな武器です。得点のチャンスを生むこともできますし、大きなピンチを脱する手段にもなり得ます。

 

正しいスキルを身に付け、積極的にフィジカルトレーニングを行いましょう。成功したロングキックのイメージを常に持ち続けることも大切です。試合を有利に進めることができる武器、ロングキックを是非マスターしましょう。

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る