TOPICS

ラグビーは何歳から始めるのがいい?

ラグビーを始めようと考えている方、又は子供にラグビーをやらせてみようとお考え方の為に、日本代表のラグビーを始めた年齢を例に上げ、何歳で始めた方が良いのか解説していく。

 

まず、統計的にフォワードであれば、高校から初めても日本代表になれる確率は非常に高い。また、ロックであれば大学から始めても日本代表になれるようだ。

 

ワールドカップ2015のメンバーを例に挙げてみよう。

まず、エースのフッカー

堀江 翔太


http://number.bunshun.jp/articles/-/823960

バスケットボールでも有望だった堀江は、小学校5年生の時に地元・大阪の吹田ラグビースクールに入団している。本人いわく「まったくルールを知らずに試合に出て」、いきなり相手を蹴散らしまくったらしい。

プロップでは

  • 山下裕史(神戸製鋼)は都島工業高校
  • 三上正貴(東芝ブレイブルーパス)は青森工業高校
  • 稲垣 啓太(パナソニック) 新潟ラグビースクール(中3)
  • 木津 武士(神戸製鋼) 東大阪市立小阪中学校(14歳)

ロックでは

大野 均は大学(日本工学部ラグビー部)


https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/rugby/2017/06/22/1002019_split/

 

・真壁 伸弥(サントリー)は仙台市立仙台工業高校(15歳)から始めている。


https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/member/

 

フォワード第3列では、

・ツイヘンドリックが太ってきたから!という理由で13歳


https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/member/hendrik.html

 

・リーチマイケルはお母さんがラグビーを好きだったという理由で5歳 


http://www.radionz.co.nz/news/sport/284692/

 

・マイケルブロードバースト ワイパパカウリクラブ(6歳)


https://www.ricoh.com/ja/rugby/news/members/2015-2016/20151104.html

 

・ホラニ 龍コリニアシ 埼玉工大深谷15歳から始めている。


https://panasonic.co.jp/sports/rugby/member/holani_ryu_koriniasi/

 

ワールドカップ2015には選ばれていなかったが、日本代表で活躍した選手で15歳以降に始めた選手が、

・菊谷 崇 御所工業入学(15歳)


http://rugby-rp.com/news.asp?idx=100747&code_s=1001

 

・大久保直弥は高校までバレーボールで法制大学からラグビーを始めている。


http://number.bunshun.jp/articles/-/11182

 

どうだろう。小学年低学年で始めた選手もいれば、中学高学年以降に始めた選手も多いのがフォワードだ。

 

フォワードは上手さよりもパワーが要求される、つまり、チームで一番下手くそでも、一番強ければレギュラーを獲得出来るポジションにある。

 

また、フォワードは1つの能力が突出していれば評価されやすいポジションでもある。例えば、プロップであればスクラム、ロックであれば空中戦、フランカーであればタックル。№8であればボールキャリアとしての強さ!

 

これらのスキルが突出していれば、極端に劣るスキルがあっても活躍できるのがフォワードというポジションなのだ。そのためスクリューパスを上手く投げれないフォワードもいる。

 

続いて、バックスを見てみよう。バックスはフォワードとは異なり、小学校からパスやキック、ステップといったスキルを磨く必要がありそうだ。

 

ては、日本代表ワードカップ2015のバックスメンバーの例に見てみよう。

スクラムハーフ

・田中史郎(パナソニック)は小学校高学年で近所の仲のいいお兄さんに教えてもらう

https://panasonic.co.jp/sports/rugby/member/tanaka_fumiaki/

 

・日和佐 篤(サントリー) 父親に連れられラグビースクールに入り5歳で始めている。


https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/member/hiwasa.html

 

スタンドオフ

・小野 晃征(サントリー) 6~7歳。土曜日に試合に来ないかと誘われたのがラグビーを始めるきっかけに。


https://www.jsports.co.jp/rugby/japanese_player/K_Ono.html

 

・田村優(キャノン)は中学校時代はサッカーで國學院栃木高校から。


https://news.yahoo.co.jp/byline/mukaifumiya/20161019-00063404/

センター

・立川理道(クボタ) 4歳のとき、やまのべラグビー教室に入りラグビーを始めた


https://www.jsports.co.jp/rugby/japanese_player/Tatekawa.html

ウイング

・松島 幸太朗(サントリー)本格的にやり始めたのは12~13歳


http://rugby-rp.com/news.asp?idx=108310&page=

 

・山田 章仁(パナソニック)5歳からYMCAラグビースクール(現・ヤングベアーズ)


https://news.yahoo.co.jp/byline/mukaifumiya/20170924-00076114/

 

・廣瀬 俊朗(東芝府中)親にラグビースクールに連れて行かれ5歳


https://news.yahoo.co.jp/byline/mukaifumiya/20160303-00054982/

フルバック

・五郎丸歩(ヤマハ)兄の影響で3歳からはじめ途中サッカーに浮気しキックを上達させラグビーにカムバックしている。


https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/rugby/2017/07/05/___split_8/

 

高校からラグビーを始めて、日本代表に登り詰めたのは、スタンドオフ田村 優ただ1人と、やはりバックスで代表クラスになるのは非常に困難と言える。

 

バックスはパススキル、キックスキル、タックルスキルがどれも、総合的に卓越しており、高いスプリント能力も要求される、野球で例えるならば、まさに走・攻撃・守がそろったメンバーと言っても過言ではない。

 

 

 

-TOPICS
-,