記事の詳細

Pocket

時計の針は87分 オーストラリア陣地 ゴール前5M 「All blacks! All blacks!」観客の大コールもトライには結び付かなかった。

2020年10月11日ニュージーランドのウェリントンで行われたプレディスローカップの第1戦は16-16。超白熱の一戦は引き分けに終わったが、久々の強豪国同士の対決に、ファンは大興奮。

 

チケットの売れゆきも好調で、イーデンパークで行われる第2戦はこの試合以上に注目を集める事間違い無しだ。

◆当日の試合メンバー

ニュージーランド 背番号 オーストラリア
ジョー・ムーディ 1 ジェイムススリッパー
コーディーテイラー 2 フォラウ・ファインガア
オファ・トゥウンガファシ 3 タニエラ・トゥポウ
パトリック・トゥイプロトゥ 4 ルカンサラカイアロト
サム・ホワイトロック 5 マットフィリップ
シャノンフリゼル 6 ハリーウィルソン
サム・ケイン(c) 7 マイケル・フーパー(c)
アーディー・サヴェア 8. ピート・サム
アーロン・スミス 9. ニックホワイト
リッチー・モウンガ 10. ジェームズオコナー
ジョージブリッジ 11. マリカ・コロベテ
ジャック・グッドヒュー 12. マット・トゥームア
リエコ・イオアネ 13. ハンターパイサミ
ジョーディー・バレット 14. フィリポ・ダウグヌ
ダミアン・マッケンジー 15. トムバンクス
リザーブ
デイン・コールズ 16. ジョーダン・ウエレセ
カール・トゥイヌクアフェ 17. スコットシオ
タイレル・ロマックス 18. アランアラアラトア
Tupou Vaa’i 19. ロブ・シモンズ
ホスキンズ・ソツツ 20. ロブ・ヴァレティーニ
TJペレナラ 21. ジェイクゴードン
アントン・ライナートブラウン 22. ノア・ロレシオ
カレブクラーク 23. リース・ホッジ

さすがオールブラックス!

ゲーム開始から、オーストラリアは3番のトゥポウにボールを集めディフェンスのゲートを開けようとしたが、ニュージーランドの前半のディフェンスは安定していた。

 

ゲームが動いたのは前半8分、22Mエリアのポイントからモウンガ10番⇒マッケンジー15番⇒サムケイン7番⇒シャノン・フリゼル6番⇒ジョーディーバレット14番と華麗にパスを回し、右隅にトライを決め最初の5点を獲得。

リーコ・イオアネのノックオン

オーストラリアの前半の攻撃は、30分のペナルティーキック1本のみ。チャンスで迎えた前半40分のラインアウトのスペシャルサインもフッカー2番のフォラウのハンドリングミスによりオールブラックスの逆襲を誘う事となってしまった。

 

ミスボールに反応したサム・ケイン7番が素早くボールを拾い、フォローに入ったジョーディー・バレット14番にパス、ジョーディーが10M走りモウンガ10番にボールを渡す。

 

モウンガ10番が22Mまでボールを運び、最後はリーコ・イオアネ13番のごっちゃんトライを呼び込んだ。上手い、速い、さすがオールブラックスと誰もが興奮したトライだった。。。が。。。

 

TMO….

 

スロー再生の結果、まさかのイオアネ13番の大ノックオンという事が分かりノートライ。前半を8-3で折り返す事となった。トライをしていれば13-3と余裕を持っての折り返しだっただけに痛いノックオンとなった。

 

また、ノーサイドの結果だけを見ても、このノックオンで除外された5点は相当痛いミスだったことになる。

 

やられたらやり返す!

しかし、そんなミスもつかの間、後半最初のオールブラックスのトライがこの試合の面白さを物語っていた。

 

後半3分、オールブラックスボールのラインアウト。オーストラリアが前半40分でミスをした同じサインプレーをやってきたのだ。

 

フッカーのコーディー・タイラー2番はが上手くディフェンスを引き付け、ブラインドサイドから走り込んできた、ジョージ・ブリッジ11番にパス。

 

更にブラインドからフォローに付いていた、アーロン・スミスへパスを繋ぎ、そのまま左隅にトライを決めた。13-3とリードを広げたオールブラックス。

 

このまま、差を広げるかのかというような雰囲気だったが、このままで終わるオーストラリアではなかった。

真似したいサインプレー

オールブラックス陣地22Mモールからのバックスサインプレー。12番センターのマットがスタンドの位置に入り13番のハンターへ1タテのダミー。

 

そして、その裏でボールを受けたのが、ブラインドの位置にポジショニングをしていた10番のジェームズ・オコナ―。オールブラックスのモールサイドのディフェンスは、オーストラリアの12番、13番に引き付けられ、10番のオコナ―はフリー。

 

いっきに敵陣に攻め入り、最後はウイング11番のマリカに繋ぎ左隅にトライを決めた。

 

その後も、少し雑になったオールブラックスのディフェンスラインに攻撃をしかけるオーストラリア。後半21分にはラックのこぼれ球からウイング14番のフィリポが右隅にトライを決めた

 

更に後半32分、22M付近でオールブラックス痛恨のペナルティー。13-16とオーストラリアが逆転。

 

その後、オーストラリア陣地22M内。得意のラインアウトモールから相手のオフサイドを誘い、オールブラックも3点を返し16-16のイーブンとした。

最後の攻め合い

最後に観客を興奮させてくれたのが、オーストラリア リース・ホッジのペナルティーゴール。ポストから57M離れた場所から特大キックは、惜しくもゴールとはならなかったもののゴールポストに命中するスーパーキックとなった。

 

試合時間88分まで、楽しませてくれた両チーム。

 

何より、両チームは次週再びイーデンパークで対決し、更に熱い試合でラグビーファンを楽しませてくれる。

試合ハイライト

 

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る