TOPICS

ラグビー ニュージーランド代表オールブラックスのトライ集

ワールドカップ2011年、2015年連覇を果たしたニュージーランド代表のトライ集を紹介したい。

あわせて、ニュージーランド代表のこれまでの歩みについても少しふれていきたい。ワールドカップ2019からラグビーファンになった方は、世界最強のオールブラックスとして認知した人も多いだろう。

しかし、オールブラックスにも低迷期と言われた時代もあった。

優勝から遠ざかる

ラグビー ニュージーランド

1987年初開催となるラグビーワールドカップで優勝。当時は日本代表のヘッドコーチも務めたジョン・カーワンが観客をにぎわせた。

しかし、その後は低迷期に入る。1991年以降優勝まであと少しという所で、南半球の強豪 スプリングボックス(南アフリカ)、ワラビーズ(オーストラリア)やヨーロッパ勢が前に立ちはだかった。

1995年には優勝候補に外されたこともある。2019年日本ワールドカップからラグビーを知るファンには考えられないだろう。

ヘッドコーチが交代しチームの再建に時間を要した。怪物と騒がれたジョナ・ロムーが登場したのも1995年大会だ。

この大会は、ロムーの他にも天才スタンドオフ アンドリュー・マーテンズもチームに加わり優勝を果たす事はできなかったが、準優勝という結果で見事下馬評を覆した。

1990年~2000年のオールブラックストライ集
ウイングには、 ジョン・カーワンやジョナ・ロムー、フルバックにはクリスチャン・カレンと言ったスーパーレジェンドが活躍した時代。

王者復活

最強オールブラックスの名が復活の兆しをみせたのが、グラハム・ヘンリーがヘッドコーチに就任した2004年以降だ。

リッチー・マコウがキャプテンを務め2007年大会のワールドカップまで、勝率9割という圧倒的な強さで優勝大本命とまで言われた。しかし、準々決勝でホスト国のフランスに敗れてしまった。

この時、フランスのフランカーには歴代最高のタックル数(1試合)を誇る ティエリ・デュサトワールがオールブラックスの攻撃を幾度とふせいだ。

2007年大会が終わった後も、グラハム・ヘンリーの戦術は他国を圧倒した。トライネイションズやプレディスローカップでは優勝旗を持ち帰り、2011年ワールドカップを前にしても9割以上の高い勝率をマークした。

2007年大会と同様、優勝大本命となった2011年大会、史上最高のキャプテン リッチー・マコウ率いるオールブラックスは、司令塔のダン・カーターを怪我でかきながら優勝を果たした。

この大会を後に、名将 グラハム・ヘンリーは勇退しヘンリーの右腕としてチームを支えたスティーブ・ハンセンがヘッドコーチに就任。

その後も快進撃は止まらず、2013年は勝率100%を達成するなど最強の名は継続。2015年ワールドカップも優勝大本命にて出場し見事2連覇を果たした。

↓2012年~2014年最強時代のトライ集
この年代は、日本のファンでもご存じの方も多いだろう。アーロン・スミス、ダン・カーター、ベン・スミス、ダン・コールズ、キアラン・リード、リッチー・マコウなどのスター選手が勢ぞろい

2015年 W杯 優勝 ニュージーランド代表

オールブラックス 優勝

ネヘ・ミルナースタッガーや、ボーデン・バレットなど新しい顔ぶれがチームの勝利に大きく貢献したワールドカップ2015。下馬評通り、2011年に引き続き2連覇を果たした。

残念ながら、キャプテンのマコウはこの大会を最後に引退となったが、最後まで攻守にわたり絶対的存在としてリーダーシップを発揮してくれた。

そして、この大会で日本のファンを釘付けにした選手は、センターのソニー・ウィル・ウィリアムズだ。
トップスピードで走り込みタックルされて倒れる前に味方にパスしてトライを演出する。その華麗なオフロードパスはファンはもちろん、選手も大興奮した。

↓2015年 W杯 トライ集

下馬評1位 2019年ワールドカップ

そして、日本人のオールブラックス愛がMAXになったのは、2019年の日本ワールドカップだ。キャンプ地で行われるイベントには大勢のファンが集まり、サインや写真会は抽選券すら引けないファンも多くいた。
知らない人も、オールブラックスの名前だけは知っていた人も、バリバリのオールブラックスファンも興奮した。
それもそうだろう。ワールドカップは2連覇中、今回大会も下馬評通り進めば、優勝し大会3連覇を手にするとされていた。
日本メディアもオールブラックスの紹介ばかり。「オールブラックスの試合を見ないで、どこの国の試合を見れば良いのか?」という感じになってしまう。
そんな最強オールブラックスだったが、名将エディー・ジョーンズ率いるイングランド代表のタックルを前に、思うように攻めることが出来ず、準決勝敗退となってしまった。

エディー・ジョーンズは、イングランドの前は日本のヘッドコーチも務め、2015年大会では南アフリカを破る大金星をあげた名将

この大会、日本での1番人気は、やはり司令塔ボーデン・バレットだったのではないだろか。フルバックとしての出場だったが、その快速ぶりは本物だった。
なにより、この大会の後、ボーデン・バレットを含め 多くのオールブラックス代表が日本のトップリーグを大いに盛り上げてくれたことに感謝したい。

-TOPICS
-,