ラグビー情報局

  • キックの重要性(ラグビー初心者向け)

    このページはラグビーをあまりご存じでない方向けの記事となります。 トップリーグやワールドカップを見ているとよくキックするプレーをよく見ると思います。 そんな時こんな疑問を持ったことありませんか? 「えっ、なんで今キックするの?」 「キック使いすぎや…

  • ラグビーのタックル 逆ヘッドタックルは必要か?

    「トライとタックルはラグビーの華」と言われるように、トライは攻撃する側の最終目標であり、タックルは守備側の唯一の手段である。 そしてその基本のタックル(ボールごと抱きかかえるように上半身に入るスマザータックルを別として、相手の太ももあたりに入るタックル)…

  • ラグビー オールブラックスのハカはどんな意味があるのか?

    1987年の第1回ラグビーワールドカップ(以下RWC)はニュージーランド(以下NZ)代表オールブラックスの優勝で幕を閉じたが、この大会で強烈なインパクトを与えたのが、 NZ代表が試合前に踊るウォークライ(ハカ)だった。当時は南半球の試合の放映が乏しく、実…

  • ラグビー ヘッドキャップはなぜ必要なのか?

    高校生ラガーマンのイメージと言えば、チームそれぞれ揃いのヘッドキャップをかぶり、真剣にプレーをしている姿であろう。 ヘッドキャップの着用は、高校生ラガーに義務づけられているもので当然のように思えるが、実は1975年までは決して義務付けられたものではなかっ…

  • 高校ラグビー 花園 名勝負はこの試合!

    今年も花園の季節がやってきた。 毎年、冬を熱く彩る全国高等学校ラグビー大会、通称「花園」。 予選を勝ち上がってきた全国の高校生ラガーマン達が聖地・花園に集結する。 2020年は記念すべき第100回の大会を迎える。 100回大…

  • ラグビー ウォーターボーイの役割

    ラグビーはフィールド内の15人とリザーブの8人の計23人で試合を戦うわけだが、その他グラウンドレベルには「MEDICAL」と書かれたビブスを着たセーフティーアシスタント(旧・メディカルサポーター)と、「WATER」と書かれたビブスを着た給水係=ウォーターボーイがいる。 &n…

  • ラグビーのポジションと役割を確認しておこう!

    ラグビーは15人という多数のメンバーで行われるスポーツである。そしてそれぞれに決められているポジションがある。 フォワード まず大きく分けるとフォワード(FW)が8人で、バックス(BK)が7人であり、さらにFWはフロントロー、セカンドロー、バックローに分けられ、バックスはハー…

カテゴリー

ページ上部へ戻る