ラグビーQ&A

ラグビーで一番難しいポジションはどこ?

ラグビーとは実に不思議なスポーツだ。

 

「球技である」と言いながら、プロップ(1番&3番)の選手が一回もボールに触らないまま試合を終える可能性もある。

 

「格闘技である」と言いながら、力の差が歴然としている試合ではフルバック(15番)の選手が一度もタックルをしないまま試合を終える事もあり得る話だ。

 

それぞれのポジションがある種の「専門性」を持っていて、見方によっては「職人の集団」にも見える。

 

同じスポーツなのに、例えばバックス専門にやっていた選手がある日突然「スクラムを組め」と言われたら、例え大学生であっても高校生にいとも簡単に押されてしまうだろう。

 

そのラグビーにおいて、一番難しいポジションはどこなのだろう。

 

素人がいきなり始めて「これは無理だ」となるポジションといえば、これは間違いなくプロップだろう。スクラムの第一列で、高度なスクラム技術を必要とするからだ。これは練習に練習を重ねないととてもとても危なくて組めたものではない。

 

2019年でW杯日本代表で言えば、「ぐーくん」こと具智元(グ・シウォン)選手、「ガッキー」こと稲垣選手が活躍したポジションだ。

↓世界を驚かせた日本代表のスクラム

 

では、ある程度経験を重ねた選手で「難しい」ポジションはどこであろうか。

フルバック説

ラグビーは屋外で行われるスポーツであり、グラウンド状況は天候に大きく左右される。特に厄介なのは風が強い日だ。その視点から言えば、フルバックは「一番難しいポジション」の最たるものと言えよう。

 

フルバックは自チームの一番最後尾に位置し、相手のトライを阻む文字通り最後の砦である。

 

相手が蹴り込んできたキックの処理を追われる事が多く、相手の意図を読む能力、ボールの落下地点を瞬時に見極める能力、ボールを上手く取るハンドリング能力、

 

そして敵陣に深く蹴り返すキック力、更には爆発的なスピードで相手陣地まで走るビックゲインが求められる。

 

キック処理では、風の強い日は相手がキックしたボールの落下地点が容易に読めない事が多い。まして、楕円のボールである。一度転がるとどのように跳ねるのか予想もつかない。

 

風にほんろうされ、不規則に跳ねるボールを敵が来る前にきちんと処理し、安全なところまで蹴り返すのだ。

 

しかも、転がってきたボールを拾うだけではない。高く蹴り上げられたボールに対しては、敵よりも高くジャンプしボールを確保しに行かなければない。

 

これらの攻防は大抵自陣深くで行われる事が多く、処理を誤ればその瞬間に相手のトライということになりかねない。実に危うい綱渡りを毎回強いられるのである。

 

フルバックの難しさのもう一つはタックルであろう。

 

自チームの防御ラインを突破した相手がフルバックまで到達する時、大抵相手はトップスピードに乗っている。このトップスピードに乗った相手に恐れる事なく一発で止める勇気とタックルの技術が要求されるのだ。

 

「ミスしたら終わり」「抜かれたら終わり」という状況の中でのプレーを常に要求されるフルバック、このポジションを「一番難しい」と言っても過言ではない。

 

↓フルバック(15番)のスーパープレー

 

 

-ラグビーQ&A