ラグビーQ&A

ラグビーのルール ノットリリースザボールは放せないのか?放さないのか?

ノットリリースザボールはボールを放せないのか??

ラクビーの試合を楽しむうえで、知っておきたいルール、ノートリリースザボールについて説明します。

寝ているプレイヤーはボールを放さなければいけない

ラグビー 寝ているプレーヤー

ラクビーを試合でプレーを継続するうえで、大前提として立ってプレーしなければいけません。グランドに寝てる選手は、プレーに参加する事は出来ません。

ディフェンス側のプレーヤーはタックル成立後、プレーの邪魔にならないように、ボールから放れる仕草を見せないといけません。ノットローラーウェイ(球出しの邪魔をした)の反則を取られてしまいます。

そんな、大前提の中、ノートリリースザボールの反則を取られるのは、ボールを持ちこんだプレイヤーです。

ボールをもった選手(ボールキャリア)が、タックルされた時、タックルされるのをヨダレを垂らして待っているハンターがボールにかぶりつきます。

日本対サモア戦でも有名になった、ジャッカル姫野選手もそうでしたね。ロック(4番)のファンデンヴァルト選手がタックルで相手を仕留めるのをよだれを垂らして待っていました。

タックルされたプレイヤーが、ボールを手で抱え込める時間は、長くて1秒。1秒であれば、レフェリーもギリギリ笛を吹く事はないでしょう。

この1秒の間に、味方選手の激しいオーバーでデフェンスを、掃除できなければ、ノートリリースザボールの反則を取られてしまいます。

オーバーが分からない人は下記動画をご覧ください。元ウェールズ代表のフランカー サム・ウォーバートンによるオーバー講習です。4:00~をご確認下さい。

 

ラグビー ノットリリースザボールは故意に放さない!

やはり、ノートリリースザボールを取られる場合の多くが、故意に放さなかった時です。そりゃーそうですよね。ボールを獲られてしまうとせっかくのチャンスが一気に大ピンチに変わってしまうのですから。

ニュージーランドや日本代表が得意とするアンストラクチャーと言われる状況ですね。

ノットリリースを取られた後に、レフェリーに対して、「ボールを放したでしょ。!」のアピールしている選手がまれにいますが、自分では分かっているはずです。「少しやり過ぎたかな・・・」と

なので、出来るだけレフェリーにバレないようにボールを放さないスキルも必要になります。

例えば

両手を上げ「ボールを放した」とレフェリーにアピールをしつつ、実は肘のあたりでボールおさえるなど。

相手にボールを獲られてしまう前に、味方が相手をオーバーするための時間を作ってあげる必要があります。

わざとジャッカルしないでペナルティーをもらう

稀に、上手いディフェンスの選手は、ボールを取れるタイミングなのに、ワザとボールを持ったプレイヤーが放さないかのようにかぶさりノートリリースザボールを誘いに行くこともあります。

ペナルティーを獲得した方が、試合を有利に進められる場合無理にボールを獲る必要はないのです。

ジャッカルしない理由

・自陣ゴール前なので、タッチキックを蹴って大きく陣地を挽回したい。

・敵陣、ℍポール真正面 キックを狙えば3点取れる時

ボールをジャッカルして、大チャンスに変わる敵陣より、自陣ゴール前で、行うことがが多いのではないでしょうか。ペナルティーキックから一気に敵陣に入り込む事ができますからね。

また、ボールを取って出そうとしたら、上からいっぱい選手が乗っかってきて「人間の力ではどうしようもない出来ない!」という事もあります。

もし、ボールが出てこなかったらレフェリーが一度笛を吹き試合を止めます。密集で倒れている場合はボールを確保しているチームのスクラムからのリスタートとなります。

 

ビーチラグビーはルールを理解していないと勝てない!

このページでは、ラグビー経験者がビーチラグビーの大会に出る事になった時のために抑えておきたいポイントとルールを解説致します。もし、試合に出る予定があるのであればご確認下さい。 じゃないとラグビーが上手 ...

続きを見る

-ラグビーQ&A
-,