TOPICS

小学生ラグビースクール(東京都)入れるなら何処がいい?

東京都のラグビースクールに

「子供を入れてみようかな~」

とお考えの方は是非参考にして欲しい。

現在、検討しているチームの他にも気になるチームが出てくるかもしれない。

まずは、東京都にあるラグビースクールを紹介する。

東京都ラグビースクール一覧

1.武蔵野市:武蔵野ラグビースクール
2.西東京市:西東京市にしはらラグビークラブ
3.小平市 :小平こげらラグビースクール
4.昭島市 :昭島ラグビースクール
5.日野市 :R&Bラグビースクール
6.八王子市:八王子ラグビースクール
7.多摩市 :西東京ラグビースクール
8.多摩市 :多摩市Bジュニアラグビークラブ
9.多摩市 :多摩ラグビースクール
10.江東区:江東ラグビークラブ
11.江戸川区:江戸川ラグビースクール
12.三鷹市:三鷹ラグビーフットボールクラブ
13.小金井市:小金井ラグビースクール
14.東村山市:東村山ラグビー少年団
15.あきる野市:西東京西多摩ラグビースクール
16.府中市:ブレイブルーパス府中
17.文京区:文京ラグビースクール
18江戸川区:ベイ東京ジュニアラグビークラブ
19.練馬区:練馬ラグビースクール
20.杉並区:杉並少年ラグビースクール
21.世田谷区:世田谷区ラグビースクール
22.杉並区:ワセダクラブラグビースクール
23.葛飾区:葛飾ラグビースクール
24.渋谷区:渋谷インターナショナルラグビークラブ
25.品川区:しながわバンブーラグビークラブ
26.港区 :みなとラグビースクール
27.墨田区:すみだラグビースクール

関東の中では神奈川よりも多い27チームあるが、サッカーと比べると差は歴然。東京都少年サッカー連盟への登録チーム数は2019年で800チームを超える。

ワールドカップ2019での日本代表の活躍を機に、どんどんラグビー人口が増えていく事を期待したい。

それでは、子供のラグビースクール選定に関して以下を参考にして欲しい。強いラグビースクール(東京都)に入れたい!強いチームに入れたい!強いチームに入れて、勝つ喜び、勝つ楽しさをたくさん経験して欲しい。

きつい練習の後には、必ず笑える日が来ることを経験し欲しい。と、熱い思いをお持ちの親御さんは、以下の3チームをお勧めしたい。

1.世田谷ラグビースクール

小学校ラグビーの全国大会と称されるヒーローズカップの常連チーム


ソース

 

直近では、2018年の第10回大会で、優勝している。また、府中ラグビースクールが主催する東芝カップ※にも毎年出場しており、5チーム総当たりの試合で他チームとは違うレベルのプレーを見せてくれる。※コロナの影響で凍結中

部員は、小学校〜中学校で、500人と超がつくほどの大所帯だ!各学年に4軍とも、5軍が控えており、小学生の時から、競争力が、激しいチームで成長することになる。

試合に行くのは、1軍、2軍。その他は、他グランドで練習ということもあるため、腐ってしまう選手もいるかもしれないが、コーチ陣も高いレベルでラグビーを経験した方が多いため、ラグビーの成長も早い。

2.ワセダクラブ

世田谷と同じく、ヒーローズカップの常連チー。早稲田大学の名をイメージする人も多いだろう。非常に人気があり、募集人数に達すると募集を打ち切られてしまう。ワールドカップ2019後のブーム時は10月で募集を締め切っている。

他のチームと比較すると異常に年会費が高いにも関わらずだ。

3.府中ラグビースクール

日本代表キャプテンのリーチマイケルがいる東芝府中ラグビー部のグランドで練習を行なっており、子供をチームに通わせている東芝ラグビー部OBも、コーチとして指導している。

毎週、現役トップリーガーが指導してくれるわけではないが、数回/年 現役選手のラグビークリニックも開催されるため、とても良い経験が出来る。

世田谷やワセダと同じくラグビワールドカップ2019の後には、爆発的にラグビー体験希望者、入部希望者が増えたため、募集受付を休止する事になってしまったようだ

;

 

また、府中のように大企業が母体としてあるようなチームはメリットも多い反面、デメリットももちろんある。例えばコロナの緊急事態宣言化では活動自粛といよりかは禁止の状態だった。

もしもの事があってはならない状況。企業も”練習OK”と判断するのも難しいのだろう。他の練習は出来ているのに、俺のチームは練習出来ない。

そんな、もどかしさに我慢出来ず他のチームを離れた選手も少なくない。

近所のスクール

強いチームに入れたい!わけでもなく、とりあえず子供にラグビーを体験させたい!という方は、まずは、近所のチームに体験にいこう。

全国大会に出場するレベルではないチーム以外は、それほど指導も厳しくない。「なんで話をきかないんだー!」と怒鳴り散らすこともない。グランドに来れば80点、練習に参加すれば100点といったところだろう。

プレイヤーズファーストで、子供たちがラグビーというスポーツを通じ、体力の向上、チームプレーを学んでくれることが期待値のチームがほとんど。

良くも悪くも、試合の順位に拘らないチームも多い。そして、指導者は高いレベルで経験した人も多くないため、昔ながらの練習方法が目立つチームもある。

だか、試合に勝つことにこだわらなかったり、練習のレベルを気にしないのであれば、出来るだけ時間をかけずに通える場所が良い。

今現在ラグビーは、野球やサッカーのようにチーム数が多いスポーツではないため、小学校毎にチームを持っていない。

例えば、八王子市で少年サッカーのチーム数は20チームあるが、対してラグビーは八王子市に1チームという数の少なさだ。

そのため、ほとんどの家庭は、子供を車で、送り迎えする必要が出てくる。練習グランドは、家からどれくらいで通えるのか、継続して練習に通わせる為にも重要ポイントとなってくる

お金がかからない


最後にチームを選ぶ際のポイントとし会費もチェックしておきたい。会費の他、入会金や保険料・ラグビー協会への登録料が必要となるスクールもある。

支払い方法については、月払い・半年払いに対応しているスクールもある。
東京都ラグビースクール別 会費
1.武蔵野市:武蔵野ラグビースクール12,000円/年
2.西東京市:西東京市にしはらラグビークラブ4,500円/年
3.小平市:小平こげらラグビースクール14,000円/年
4.昭島市:昭島ラグビースクール12,000円/年
5.日野市:R&Bラグビースクール12,000円/年
6.八王子市:八王子ラグビースクール12,000円/年
7.多摩市:西東京ラグビースクール18,000円/年
8.多摩市:多摩ラグビースクール18,000円/年
9.江東区:江東ラグビークラブ12,000円/年
10.江戸川区:江戸川ラグビースクール12,000円/年
11.三鷹市:三鷹ラグビーフットボールクラブ11,000円/年
12.小金井市:小金井ラグビースクール15,000円/年
13.東村山市:東村山ラグビー少年団14,400円/月
14.あきる野市:西東京西多摩ラグビースクール ???
15.府中市:ブレイブルーパス府中18,000円/年
16.文京区:文京ラグビースクール12,000円/年
17.江戸川区:ベイ東京ジュニアラグビークラブ???
18.練馬区:練馬ラグビースクール16,000円/年
19.杉並区:杉並少年ラグビースクール14,400円/年
20.世田谷区:世田谷区ラグビースクール12,000円/年
21.杉並区:ワセダクラブラグビースクール57,500円/年
22.葛飾区:葛飾ラグビースクール10,000円/年
23.渋谷区:渋谷インターナショナルラグビークラブ79,000円/年
24.品川区:しながわバンブーラグビークラブ12,000円/年
25.港区みなとラグビースクール16,500円/年
26.墨田区:すみだラグビースクール15,000円/年
注)会費は2019年杯直後の情報

会費が一番安いのは、西東京市にしはらラグビークラブ。
高額なのは、ワセダクラブと渋谷インターナショナルだ。強豪チームの世田谷クラブは、他チームレベルとなっている。

また、その他費用につてもしっかりと認識しておきたい。消耗品は出来るだけ安く抑え、練習道具にお金をかけたい。

練習着にかかる費用
  • ストッキング:1,500円(必需品)
  • 短パン:2,500円
  • ヘッドキャップ:5,000円
  • 試合用ジャージ:5,000円
  • ボール3,000円(希望者)
  • 夏合宿費用 数万円(交通費、宿泊費、食事代、その他)

例えば、シャドーボールはパス上達の必須アイテムとして持っておきたい。

子供のラグビー 練習着は何を着ていく?

このページでは、ラグビーの練習スタイルについて紹介します。 近所のラグビーチームに体験に行かせてみようかな。 とお考えの親御さんは是非参考にしてみて下さい。 あくまでも体験ですので、動けるスタイルであ ...

続きを見る

お勧めしたいチーム

お勧めしたいチームは、そこまで、良い意味で規律を重視していないチーム。もっと簡単に言うとあーしなさい。こーしなさい。が少ないのだ。

少しではあるが土日の休日に子供達がふざけ合うことができ、集中するところ集中してメリハリをつけて練習に取り組んでくれる。そんな環境を提供してくれるチームだ。

■府中ラグビースクール


引用:府中ラグビーHP

低学年は選手達がやりたいように伸び伸びとプレーさせ、高学年で徐々に厳しくなり勝つ為の練習を指導する。なので、低学年から決して強いチームというわけでは無い。

各学年20人程度選手がいるが、試合メンバーギリギリのチームに負けることもある。それが、高学年になると全国大会のヒーローズカップに出れるレベルまで成長する年もある。

会費は安い方ではないが、何よりトップリーガーが練習している環境で毎週練習が出来るというのは、他のチームでは経験できない。

しかし、2020年のコロナ発生以降、厳しく練習を管理されており、試合への参加が出来てない様子。

試合を楽しみたいという方はこちらのチームをおススメしたい。

■八王子ラグビースクール


引用:タウンニュース

八王子市で唯一のラグビースクール、幼児から6年まで80名近い子供達がラグビーの練習を楽しんでいる。このチームの特徴は、勝ちにこだわるチーム作りではなく、楽しくスポーツで運動能力を向上させ、仲間と仲良くラグビーを楽しもう。というチームだ。

そのため、ラグビー小学生の全国大会ヒーローズカップへの予選にも出場した実績がない。練習試合がほとんどだ。勝ちにこだわる指導はNGとされているため、創立40年以上の歴史の中でトーナメントには出場しないというのがチーム方針となっている。

とにかく勝ち負け気にしないで楽しくラグビーをやろうぜ!というチームなので、練習中にヘラヘラした選手がいても、「なにヘラヘラしてんだ!」と怒鳴る事もなく、ふざけている選手同士がいても「話を聞きなさい」とは言われても激怒される事はない。

基本的に1学年に4人~5人の指導員がおり、ルールから試合に出場出来るまでの基礎を教えてくれる。試合に勝つための方法ではなく、基本的には試合が出来るレベルになるまでを教えてくれる。

なので、個人スキルでなんとかなる低学年時は強い年もあるが、高学年になると試合にはよく負ける。もちろん勝つこともあるが、バリバリ練習を教えている世田谷ラグビースクールには手も足も出ない。

試合の勝ち負けより子供の成長、子供のうちは楽しくラグビーの練習が出来ればOK!という親御さんにはおススメのチーム、会費も安く兄弟割引もあるので嬉しい。

また、指導員にならなければ親の負担は一切なく、練習中は仲の良い親同士で楽しく世間話しをしている人が多い。もちろん送り迎えだけでもOK。ほどよく、ラグビーを楽しみたいという方にはおススメだ。

とは言え、一度練習に来ても強いチームを求めて他のチームに行ってしまう子供や、ヒーローズカップに出場したくて他のチームに行ってしまう子供もいる。しかし、チーム方針は長年変わっていない。(2019W杯時点)だが、この方針は変わる可能性は十分にあるので引き続きウォッチしたい。

なぜなら、リーグワン(旧トップリーグ)の小中学生アカデミー普及により個々のスキルアップを求めて平日に練習を行う選手が増えてきているからだ。

八王子近辺であれば、日野レッドドルフィンズのアカデミーや、キャノンイーグルスのアカデミーへの参加となる。

そこでは、毎年ヒーローズカップに出場するチームの選手が練習に参加している。仲間であり良きライバルになる選手が増えてくれば、選手達の目標もきっと変わってくるはずだ。

八王子ラグビースクールおススメの理由
  • 会費が安い
  • 親の負担が少ない
  • 楽しく体を動かせる環境

 

練習にどんな服を着ていくの?

と不安に感じた方は、以下リンクにお進みください。

子供のラグビー 練習着は何を着ていく?

このページでは、ラグビーの練習スタイルについて紹介します。 近所のラグビーチームに体験に行かせてみようかな。 とお考えの親御さんは是非参考にしてみて下さい。 あくまでも体験ですので、動けるスタイルであ ...

続きを見る

もし、子供のラグビー教育に1万円/月出す事ができるのであれば、間違いなくこちらのブリングアップアカデミーをおススメしたい。この教育方針は、東京のどこのラグビースクールでは絶対に学ぶ事が出来ない。

なにより、レベルの高い選手が集まるアカデミーの練習は、子供にとって最高の経験になる事間違い無し。

⇒ブリングアップアカデミーはこちら

-TOPICS
-, , ,