記事の詳細

Pocket

2018年6月からの4回に渡る、厳しい強化及びセレクション合宿を経て、26名の高校日本代表メンバーが決定された。今年度は3月17日から29日までのウェールズ遠征であり、U19(19歳以下)ウェールズ代表チームとの対戦など、タイトで貴重な遠征である。まさにこれからの日本ラグビーの力試しとも言えるであろう。

 

代表メンバーとそのスタッフは下記のとおりである。

1.2018年度高校日本代表メンバー(2019年2月18日現在)

※メンバー選手のコンデション等により変更になる場合もある。

※進路先は現時点で決定しているもの。

※この時点ではキャプテン・バイスキャプテンは未定。

 

ポジション 氏名 所属先 学年 身長

(cm)

体重

(kg)

進路先
PR

プロップ

江良 颯

えら はやて

大阪桐蔭高校 171 107
葛西 拓斗

かさい ひろと

流通経済大学柏高 184 104 明大
木原 優作

きはら ゆうさく

東福岡高校 175 95 筑波大
シンクル 寛造

しんくる かんぞう

札幌山の手高校 187 112
HO

フッカー

紀伊 遼平

きい りょうへい

桐蔭学園高校 173 97 明大
福井 翔

ふくい しょう

東福岡高校 170 87 帝京大
LO

ロック

甲斐 登生

かい とうい

石見智翠館高校 183 96
竹内 慎

たけうち しん

石見智翠館高校 190 98 明大
楢崎 海人

ならさき かいと

福岡県立筑紫高校 182 80
星野 竜輝

ほしの りゅうき

流通経済大学柏高 187 86 流経大
FL/NO.8

フランカー/ナンバーエイト

奥井 章仁

おくい あきひと

大阪桐蔭高校 177 106
今野 勇久

こんの ゆうく

桐蔭学園高校 179 87 慶大
福西 隼杜

ふくにし はやと

報徳学園高校 177 98 京産大
山添 圭祐

やまぞえ けいすけ

長崎県立長崎北陽大高校 3 176 95 帝京大
SH

スクラムハーフ

小西 泰聖

こにし たいせい

桐蔭学園高校 167 70 早大
友池 瞭太

ともいけ りょうた

東福岡高校 168 65 専大
SO

スタンドオフ

高本 幹也

たかもと みきや

大阪桐蔭高校 172 76 帝京大
中楠 一期

なかくす いちご

国学院大學久我山高校 174 80
CTB

センター

ポロメア・フィナウ 東海大学付属福岡高校 180 98
槇 瑛人

まき えいと

国学院大學久我山高校 175 84 早大
松山 千大

まつやま ちひろ

大阪桐蔭高校 173 82 帝京大
季 承信

りー しょうしん

大阪朝鮮高級学校 175 77
WTB/FB

ウイング/フルバック

石田 吉平

いしだ きっぺい

常翔学園高校 168 70 明大
二村 莞司

ふたむら かんじ

京都成章高校 177 77
メイン 平

めいん たいら

奈良県立御所実業高校 178 83 NZノースショアラグビークラブ
山田 響

やまだ ひびき

報徳学園高校 174 73

※当初アサエリ・ラウシ選手(LO・日本航空高校石川187cm 111kg)が選出されていたが、怪我のため参加辞退となり、甲斐登生選手が追加召集となる。

 

2.2018年度高校日本代表スタッフ

役職 氏名 所属
高校日本代表 団長 渡辺 一郎 (公財)日本ラグビーフットボール協会
高校日本代表 監督 薬師寺 利弥 光泉高等学校
高校日本代表 FWコーチ 高橋 智也 岩手県文化スポーツ部
高校日本代表 BKコーチ 馬場美喜男 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
高校日本代表 スピード/S&Cコーチ 里 大輔 SATO SPEED Inc.
高校日本代表 テクニカル 岩野 竜二 鳥取県立倉吉東高校
高校日本代表 ドクター 木島 和也 兵庫医科大学
高校日本代表 トレーナー 大石 徹 帝京科学大学
高校日本代表 総務 瀬越 正敬 和歌山県立熊野高校

 

3.注目の選手

もちろん厳しいセレクションを経て選出された選手だけに、どの選手にも将来性をはじめ注目が集まる。そのうえであえて注目の選手を列記すると、FWは全体的にはやや小柄な選手が多いが、その分走力・パス能力など多彩なスキルに富んだ選手が多いのが特徴である。

 

PRは2年生ながら選出された、江良颯選手(大阪桐蔭高)や、まだ粗削りながら187cm 112kgと体格に恵まれたシンクル寛造選手(札幌山の手学院高校)も、体の大きい外国人選手との対戦に期待がかかる。

 

HOの紀伊遼平選手(桐蔭学園)もチームを引っ張ったメンタル的にも強いプレーヤーであり、またLOで選出された竹内慎選手(石見智翠館高校)は第3列もこなす選手である。

 

もちろん第3列(FL/NO8)も、突破力・機動力を兼ね備え、強烈なデフェンスを持ち、,2年生で選出された奥井章仁選手(大阪桐蔭高校)をはじめとする頼もしい布陣である。

 

BKは素早い球さばきと、広い視野を持ったSH小西泰聖(桐蔭学園高校)、球足の長いキックと、瞬間の判断力を持った高本幹也(大阪桐蔭高校)の東西桐蔭ハーフ団を見てみたい。

 

CTBはペネトレーター(突破役)として強いインパクトを持ったポロメア・フィナウ選手(東海大学付属福岡高校)、昨季の日本代表にも、前出のアサエリ・ラウシ選手とともに選出された季承信選手(大阪朝鮮高級学校)、そしてチームの初制覇に、攻守共に体を張ったプレーで精神的支柱となった松山千広選手(大阪桐蔭高校)とタレント揃いである。

 

WTB/FBでは自チームではNO,8をこなした石田吉平選手(常翔学園高校)、切れ味鋭いステップを武器とするメイン平選手(奈良県立御所実業高校)、2年生ながらこのメンバーでナンバー1のスピードを誇る山田響選手(報徳学園高校)が注目される。

4.参考

2018年10月にアルゼンチンで開催されたセブンユース五輪(南アフリカ代表を下し銅メダル)にこの代表選手の中から石田吉平・小西泰聖・二村莞司・メイン平・山田響の5名、そして東京オリンピックを見据えた男子7人制日本代表候補合宿には、石田吉平・小西泰聖・二村莞司の3名が召集されている。(順不同)

 

昨季のアイルランド遠征では、U19アイルランド代表を40対24で破り、遠征を手ごたえのあるものとしたが、今季のチームにも日本ラグビーの礎の強靭さを是非アピールしてもらいたい。

 

そして2023年にフランスで開催されるラグビーワールドカップには、このメンバーのうち何名かが日本代表として、グラウンドを縦横無尽に走り回る事を期待する。

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る