記事の詳細

Pocket

ラグビーワールドカップ2019も南アフリカが3回目の優勝を飾り、記録的な観客動員数と今世紀最大のラグビー熱を日本で高め大成功のうち終了した。

 

これからの週末はワールドカップロスで寂しくなる事は間違いないが、2020年から始まるトップリーグ新シーズンにはW杯を沸かした日本代表選手31名以外にも海外のトッププレイヤーが出場する予定だ。

 

まだまだ、ラグビーから目が離せない週末は続きそうだ!それでは、トップリーグに参戦予定の海外選手を見て行こう。もともと年俸が高額な欧州からの加入は無いが、南半球のニュージーランド、オーストラリア、南アフリカから凄い選手が加入する事になっている

トップリーグに新加入する外国人選手

ポジション 名前 年齢 身長/体重 予定チーム
 HO マルコム・マークス 25 185/107 南ア NTT
ロック ブロディ・レタリック 28 204/120 NZ 神戸製鋼
ロック サム・ホワイトロック 31 202/119 NZ パナソニック
FL/№8 キアラン・リード 34 193/110 NZ トヨタ自動車
SH ウィル・ゲニア 31 174/82 豪州 近鉄
SO バーナード・フォーリー 30 182/89 豪州 クボタ
CTB ライアン・クロッティー 31 179/97 NZ クボタ
CTB サム・ケレビ 26 186/108 豪州 サントリー
CTB クリスチャン・リアリーファノ 32 179/95 豪州 NTT
CTB  ダミアン・デアリエンディ 27 189/101 南ア  パナソニック
FB  ウィリー・ルル― 30 186/90 南ア トヨタ自動車
FB  ジェシー・クリエル 25 186/96 南ア キャノン

 

◆マルコム・マークス(南アフリカ)⇒NTT

18年の世界最優秀選手にノミネートされた選手。スクラム1列めの舵取り役でありながら、タックル、ボールへの絡み、アタック、どれをとっても一級品のフッカーがNTTに加入する

 

 

◆ブロディ・レタリック(NZ) ⇒ 神戸製鋼

オールブラックスの巨塔の1人 レタリックが加入するのは、ダン・カーターが在籍する神戸製鋼!身長に似合わずハンドリングも抜群に上手い。神戸製鋼を負かすチームは出てくるのだろうか。。。

 

◆キアラン・リード(NZ)⇒ トヨタ自動車

オールブラックスのキャプテン キアラン・リード(193cm/110kg) №8として活躍したリードだが、トヨタ自動車では日本代表の姫野と第3列を組む事になる。まさに世界選抜の第3列だ。

 

◆ウィル・ゲニア(豪州) ⇒ 近鉄

父はパプアニューギニア人の元大臣。卓越したマネージメントでフォワードを自在にコントールする世界最高峰のスクラムハーフが近鉄に加入する。

 

◆バーナード・フォーリー(豪州) ⇒ クボタ

精密なプレースキッカーとして知られるバーナード・フォーリー。クボタ―の司令塔としてチームを牽引する。

◆ライアン・クロッティー(NZ) ⇒ クボタ

ディフェンスのギャップをつくラン攻撃は一級品。第1センターとして活躍してくれるはず。

◆サム・ケレビ(豪州) ⇒ サントリー

フィジー出身の大型センター。183cm 108kgの豪快な走りでディフェンスラインを突破する。

◆クリスチャン・リアリーファノ(豪州) ⇒ NTT

白血病の重病から見事復帰をとげた苦労人。得点力が非常に高い。

◆ダミアン・デアリエンディ(南ア) ⇒ パナソニック

W杯南アフリカ優勝の立役者の1人。タックルも激しいが、何よりスピードに乗ったデアリエンディを止める事が出来るか。。

◆ウィリ・ルル―(南ア) ⇒ トヨタ自動車

15年にはキャノンで活躍。キック処理の安定感抜群のフルバックは、ウイングでの出場も楽しみだ。

◆ジェシー・クリエル ⇒ キャノン

かつてはNTTドコモでプレー。デアリエンディと同じく突破力に注目だ。

 

トヨタ自動車対神戸製鋼の試合が熱すぎる!日本のラグビーファンもそうだが、海外ファンの注目も集めるはずだ。また、毎年、シーズン終盤でも新たな契約ニュースが出てくるトップリーグ。

 

まだまだビック契約が出てくる可能性は十分にある。

Pocket

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る