おすすめアイテム

新品スパイク 靴擦れしないための予防はコレ!

このページでは靴づれを予防する方法について説明します。

新品のスパイクやアップシューズを履くなら当然コレやるでしょ!という予防なので、新品を履いたら靴づれしてしまう人はチェックして下さい。

まずは、靴擦れの原因から見てみましょう。

靴擦れの原因(靴選び)

靴擦れ 靴のサイズ

新品の靴は足になじんでいないとい言えば一言ですが、スパイクやアップシューズの靴づれの原因の代表として、靴選びにミスが原因としてあげられるのが以下の3つになります。

1.新品の靴でソールが硬い

何で前と同じスバイクなのに靴ズレするの?

と不満に感じたことございませんか?

購入したばかりの新品のスパイクでの靴擦れが起こる原因として、ソールが硬くそり癖もついていないため走る際に踵(かかと)がついてこないで反発するケースです。

つまり、足のかかとは蹴り上げているけど、スパイクの踵は下に戻る力が働いてしまい擦れてしまうのです。

スパイクを購入した後にソールを屈曲させたりと靴をよくほぐしてあげるのも靴擦れを防ぐ1つの手段です。

2.靴のサイズが大きい

靴のサイズが大きい場合も同じです。

サイズがあっていないため、足の踵と靴の踵に常に摩擦が生じます。また、サイズの大きい靴は足が前にすべりつま先に靴擦れを起こしてしまうケースもあります。

靴をきつめに結んでしっかり固定し摩擦しにくくすることも出来ますが、逆に足の甲が痛くなってしまいます。

3.靴のサイズが小さい

逆に小さい靴でも靴擦れになるケースもあります。長さが足りない場合は場所的には踵の上、アキレス腱あたりに擦れ後ができるでしょう。サイズが小さいため靴の踵がめり込んでしまうのです。

また、靴のサイズは前後だけでなく左右のサイズも足の形に合った靴を選ぶ必要があります。足の横幅が広い選手は、その足に見合ったスパイク選びをしなければいけません。

その為、欲しいスパイクが足の形に合わなくて買えない。という事も出てくるでしょう。

とは言っても「高いスパイクを買ってしまった!」とい時はシューズストレッチャーなどの専用器具を利用し圧迫を和らげる必要があります

上記の②と③のケースは少ないと思われますが、誰にでも新品の靴を履くことはあるため、靴擦れはごく当たり前として捉えた方が良いのかもしれません。

ラグビーはどんな怪我が多いのか?

スポーツには怪我は付きものですが、ラグビー選手の怪我にはどんな怪我が多いのか紹介いたします。 あのダミアン・マッケンジーも怪我によりWorld Cup2019を諦める事となりましたね。非常に残念でした ...

続きを見る

靴擦れ予防は当たり前?

スポーツ選手の多くは、新品のスパイクやアップシューズに履き替える際は、“靴擦れする“として未然防止します。

つまり、靴擦れ予防はやるべき事として当たり前のように行っているのです

靴を慣らす

ラダートレーニング

何かモノに頼るのでなく靴擦れを未然に防ぐ方法として靴を慣らすことで効果があります。靴は履き続ける事で足になじんできます。

初めは硬かったソールも、足の動きとマッチして靴が反発しなくなります。基本的にいきなり試合で新品スパイクを履くという事はないと思いますが、練習で履いたとしても激しい動きに靴が対応出来ず靴擦れを起こしてしまいます。

ランニングや軽めのラダートレーニングなど優しい運動で、靴を馴染ませていくのが良いです。

わざわざ靴を慣らすのは面倒という方もいるでしょう。靴擦れを防ぐ一般的に対応として、以下のようなアイテムがあげられますが、スポーツマンが満足のいく効果ではございません。

やらないよりかはマシですが、痛みはあり、気づけば血が出ているということはよくあります。

絆創膏

絆創膏にも靴擦れ用の少し分厚いクッション性のある絆創膏も販売されています。予防よりも治療に使用する方が多いかもしれません。

歩くのみであれば効果は期待できますが、スポーツマンの踵の靴擦れへの効果はあまり期待できません。

絆創膏を貼ったのに血がはみ出できます。。。と悩んでいる人は少なくありません。

ダイレクトに靴が当たらないアキレス腱付近の靴擦れには問題なく使用できるでしょう。また、絆創膏はかぶれを起こしかゆくなってしまう事もあリますので注意が必要です。

Amazonで見てみる

ワセリン

ワセリンは滑りをなめらかにして摩擦を起こりにくくするために利用します。痛みは軽減しますが、あくまでも軽減する程度です。

また、裸足で靴を履く人には効果がございますが、靴下を履くスポーツマンにとってはNGです。

靴下を変える

激しい運動によって生じる摩擦の力を皮膚の表面に伝える事を吸収してくれる靴下が存在します。

それが、ライトソックです。

最新技術により作られたソックスは、激しい運動により出来てしまう水ぶくれなどで、最高のパフォーマンスができなくなる。

そんなスポーツマンの悩みを解決するためのソックスです。

踵の靴擦れにも効果はありますが、効果絶大か?と問われるとNOとなります。長時間靴を履いて運動していると足が蒸れてきますよね。例えば、フルマラソンの選手です。

足が蒸れると皮が擦りむけやすくなります。場所としては親指の甲の下あたりが多いです。そのような症状を改善してくれます。

新品の靴、サイズ違いで踵が靴擦れしてしまう方ではなく、長時間運動する人にとっては最適な商品となります。

Amazonで見てみる

では、どのようなアイテムがしっかり予防できるのか。

新品のスパイク・アップシューズに履き替え、運動時に快適に体を動かすためのおすすめの予防アイテムを紹介します。

靴擦れ おすすめ予防アイテム

セカンドスキンをご存知でしょうか。

普段、普通に生活しているだけでは知らない人も多いでしょう。このセカンドスキン、スポーツマンにとって20年前も今の時代も神様的アイテムです。

セカンドスキンとは?

靴擦れ 予防 セカンドスキン

セカンドスキンとは肌上に形成する人工皮膚です。美容用品などにも使用される技術ですが、靴擦れ予防及び治療でも絶大な信頼を得ています。

初めて利用した方が、声をそろえて

もっと早くで会えればよかった〜。

と後悔する商品です。

商品の特徴

画像のような、水分が豊富で透明性のあるジェルです。ジェルは初めから2cm四方くらいのサイズのものもあれば、使用したいサイズに切り取り使用するタイプがあります。

使用方法


ソース
こちらのジェルを予防したい箇所、靴擦れ起こした箇所に貼り付けます。1つ気をつけないといけないのが、ジェル単体では固定が難しいのでテーピングやサージカルテープを使用する必要があります。

おすすめはキネシオテーピングですが、少しお高いので傷用のサージカルテープでも大丈夫です。

交換は衛生上、1日/1回は貼り替えた方が良いでしょう。

 

まとめ

新品のスパイクを履いた際、誰もが一度は経験する靴擦れの予防についてまとめました。

球技で汗を流すスポーツマンの中には、靴擦れが原因で100%のパフォーマンスが発揮できない選手が多く見られます。適切な対策・予防をとってベストなパフォーマンスが発揮できるようにしておきましょう。

本ページで紹介しているセカンドスキンは、令和の時代に登場したアイテムではございません。

10年前も20年前も30年前もスポーツマンの神様的アイテムとして靴擦れ予防そして靴擦れ後の痛いみ対策として利用されてきました。

子供さんがスポーツをしていて靴擦れが痛そうだけど、良い方法ないかな?なんて悩んでいるお母さんも少なくないようですが、セカンドスキンの存在を知っている方は少ないです。

スポーツを快適な時間にするためにも、一家に一つは常備しておきたい靴擦れアイテムです。

ラグビー 頭にテーピングを巻く3つの理由は怪我の予防?

ラグビーの試合を見ていると色んな所にテーピングが巻かれてあって気になりますよね。「怪我しているから??」「でも皆同じ所にテーピングしているけど。。。」なんて疑問が絶えないでしょう。 このページでは、気 ...

続きを見る

-おすすめアイテム
-, , ,