ラグビーQ&A

ラグビーで一番モテるポジションはどこだろう?

東福岡高校を知っている方は多いだろう。サッカーもラグビーも全国トップクラスの高校だけに女性ファンも多い。しかし、ラグビー部の女性ファンの人数はサッカー部に比べると、足元にも及ばない。

やはり、ゴリマッチョではなくサッカーのような細マッチョな爽やかスポーツ選手が女性を好むのだろうか。

このページでは、ラグビーで一番モテるポジションはどこだ?という難題について解説したい。

ラグビーでモテるポジションはやはりバックス(9番~15番)?

15個あるラグビーのポジションで、いったいどのポジションが一番女性にモテるのであろうか?これは非常に興味深いテーマである。

まず「目立つポジション」としては、トライを数多くあげる可能性のあるウイング(11番14番)が上げられるだろう。

次に、司令塔であるスタンドオフ(10番)。スタンドオフとコンビを組みスクラムや密集からボールを出す場面を良くテレビ画面でアップにされるスクラムハーフ(9番)。これらがいわゆる「目立つポジション」であろう。

フォワード(1番~8番)はスクラムを組む際に必ずクローズアップされるため全員がカメラによく映るポジションであり、ファンの目にはしっかりと写り込んでいるはずだ。

ただ、残念なのがフォワードは1人の選手をピックアップされない事もある。なぜなら、フォワードは一つの集団として動く事が要求されるからだ。

昔、新日鉄釜石の松尾雄治が飲み会の席で自チームのフォワード陣に「俺たちバックスは“スタンドオフ松尾がキック”“フルバック谷藤が持ち込んでトライ”とか個人名で書かれるけど、お前たちフォワードは“フォワードが一体となって押し込んでトライ”とか名前書かれないもんな。うらやましいか?」と大笑いし、フォワード陣が苦笑いだったというエピソードがある

体型を見ても、どちらかと言うとバックスの方がすらっとしていてスタイルが良く、フォワードはそれに比べるともさっとしていて「太っている」「デカい」というイメージがある。

女性の目から見た場合、やはりどうしてもスタイルの良い男性に目がいってしまうのは仕方の無いことだろうか。

ただ、1つ言えるのはポジションに関わらず「モテる」為の重要な要素がある。どこのポジションであるかに関わらず、日本でモテるのはいつの時代も「良いキャラクター」という事だ。

2019年のワールドカップ日本代表で一番のモテ男と言ったら誰であろうか。2015年はダントツで五郎丸歩氏であった。

 

2019年ワールドカップでは姫野和樹(№8)であろうか。文句なしのイケメンである。もしくは「笑わない男」で一躍有名になった稲垣啓太(プロップ)か。

稲垣は顔は決してイケメンではない(失礼!)が、自分の価値を十分に理解しているそのキャラクター、恐らく頭が非常に良くて清潔で紳士なのだろうなと思わせる話しっぷりなどでモテ男になったのではないか。

しかし、このように見てみるとフォワード(1番~8番)もモテるポジションではある。

ただ、あの選手のモテっぷりの記憶が残っている日本ラグビー界においては、バックス(9番~15番)がモテる。更にはバックスの中でもスタンドオフがモテるポジションの印象が強いのではないだろうか。

日本ラグビー史上最高のイケメン 平尾誠二

日本ラグビー界で史上最高のモテ男は誰か?といえば、これは間違いなく平尾誠二であろう。ファッション雑誌にモデルとして登場するほどのイケメン。

抜群のスタイル。華麗なプレースタイル。どこをとっても非の打ち所の無い紛れも無いスーパースターだった。その平尾のポジションはスタンドオフ(10番)であった。

スタンドオフというポジションは、そのポジション的にもスタンドオフは”司令塔が務めるポジション”エース””カッコいい―”という印象が強いかもしれない。

1つ言えるのは、

チームの誇り、学校の誇り、国の誇りを背負って命がけで戦うラガーマンは、そのポジションや顔に関係なく、例外なく「かっこいい」。

海外の美女達はどの選手がお好みだろうか?

日本メディアのアンケートで、「2019年のワールドカップで見つけたイケメンは誰?」というような問いがあったかは定かではないが、海外にはあったようだ。

その順位を見ていると、バックスが多いという事もなく、テレビに映る回数も関係はないようだ。日本のメディアでは決して取り上げられる事が無かった選手達がずらりとランクインしている。

何と世界で最もセクシーなラグビー選手に選ばれたのは、決勝トーナメントにも進んでいないチームにいた。

1位 ジェイデン・ヘイワード(イタリア)


ソース

ポジション:フルバック
1987年2月11日生まれ 身長184㎝ 体重90kg

↓世界でも最もセクシーな ジョナサン・ヘイワードのプレー集

 

2位 ジョージ・フォワード(イングランド)


ソース

ポジション:スタンドオフ
1993年3月16日生まれ 身長178㎝ 体重84kg

↓ジョージ・フォードのプレー集

 

3位コーディー・テイラー(ニュージーランド)


ソース

ポジション:フッカー
1991年3月31日生まれ 身長183㎝ 体重110kg

↓コーディー・テイラーのプレー集

 

4位 ダミアン・デアリエンディ(南アフリカ)


ソース

ポジション:センター
1991年11月25日生まれ 身長189㎝ 体重101kg

↓ ダミアン・デアリエンディのプレー集

 

5位 ピエール=ルイ・バラッシ(フランス)


ソース

ポジション:センター
1998年4月22日生まれ 身長188㎝ 体重94kg

↓ピエール=ルイ・バラッシのプレー集

まとめ ラグビーで一番モテるポジションはフルバック(15番)!

ランキング上位5位の中に日本代表がいないのは残念だが、1つ嬉しいのはフォワードの中でもフッカーの選手がランクインしているところだ。

ただ、上位5人うち80%がバックスの選手とは、イメージ通りという成績なのかもしれない。日本だけではない。世界的にみてバックスの選手がモテるということだ。

そして、ランキングのポジションで判断するとラグビーで一番モテるポジションはフルバック(15番)という事になる。

ラグビーで一番難しいポジションはどこ?

ラグビーとは実に不思議なスポーツだ。 「球技」と言いながら、プロップ(1番&3番)の選手が一回もボールに触らないまま試合を終える可能性もある。 「格闘技である」と言いながら、力の差が歴然としている試合 ...

続きを見る

-ラグビーQ&A
-,