ラグビーQ&A

ラグビー 体が小さくても出来るポジションは?

良く言われる事だが、ラグビーとは色々な体格の人間が出来るスポーツである。太った人、痩せた人、背の大きい人、小さい人。足の速い人、遅い人。どんな人でも「合うポジション」が存在すると言われている。

 

もちろん鍛え上げた肉体同士でぶつかり合うスポーツなので、体格は大きくて立派なのに越した事は無い。だが小さくても出来るポジションが、実はラグビーには複数存在するのだ。

 

フォワード

1番から5番は俗に「前5人」と言われるが、これは全力で押し合うスクラムの中心となるので体の小さい人には少々厳しい。体の小さい人でも務まるのはフランカーと呼ばれる6番7番であろう。

 

フランカーとして世界的に有名な選手、ワールドカップを2011年、2015年と2大会連続で制したニュージーランドの元キャプテン リッチー・マコウ氏の名が挙げられる。

 

以下動画の一番前でハカをしているのが、リッチー・マコウ氏

 

現代ラグビーにおいて、特に世界においてはフランカーも空中戦に参加するようになり、ある程度の身長は求められるのだが、フランカーにとって最も必要な技術は「タックル」である。

 

タックルの技術を磨けば、体格の小さい人でも十分フランカーは務まる。

 

1992年の大学選手権。この年は法政大学が決勝で早稲田大学を破り実に25年振りの大学日本一に輝くのだが、この年の法政の6番フランカーが「炎のタックラー」と呼ばれた内田剛選手である。

 

内田選手は身長わずか160cmだったが、この低い身長を逆に自分の武器とし、足元に入る低いタックルで相手を止めまくったのである。

 

バックス

バックスにおいては何と言っても9番スクラムハーフである。

このスクラムハーフというポジションは15個あるラグビーのポジションの中で一番体格の小さい人に適している。スクラムハーフに一番求められているのは「すばやさ」だからだ。

 

日本代表歴代の名スクラムハーフと呼ばれる人達を見ても、宿沢広朗、堀越正巳、田中史明と皆170cmに満たない身長である。この小さなプレーヤーが大男揃いのフォワードのプレーヤーを自由自在に動かす様子は正に猛獣使いである。

バックスのなかでもう一つ上げるとしたらウイングであろう。

 

ウイングというポジションは、あの世界を驚かせた元NZ代表でNZの国民的英雄ジョン・カーワンの登場以来大型化の道を辿っていったのだが、2019年のワールドカップでは久々に小型のウイングが現れた。南アフリカ代表のチェスリン・コルビである。

 

コルビも身長わずか171cmしかないのだが、一瞬で相手を置き去りにするその類稀なるスピードを武器に、南アフリカのワールドカップ優勝に大きく貢献した。

このように、ラグビーでは体格の小さな人でもバリバリ活躍出来るポジションが実は複数有るのである。決して、大男達が力任せにぶつかり合うだけのスポーツではないのである。

 

-ラグビーQ&A