ラグビーQ&A

ラグビーで一番きついポジションは?

苦しい練習を重ね、試合でも激しくぶつかり合い常にケガと背中合わせのラガーマン。他のスポーツと比べてみても「辛い」「痛い」「苦しい」と三拍子揃った、まさにキツいスポーツである。

前5人

そのキツいスポーツの中でもとりわけキツいポジションはどこなのだろうか。

 

これは間違いなく「前5人」と呼ばれる1番から5番の選手、ポジション名でいうとプロップ、フッカー、ロックだろう。

 

この3つの中から一番キツいポジションを選ぶのは、これは難しい。難問である。

 

この3つのポジションはいずれもスクラムの中心となり、密集では核となり、走り続けて周りをフォローする事を義務付けられている。

 

しいて選ぶとすれば、15のポジションの中で一番大きな体型の人がなる事が多く、スクラム、密集、フォローに加えてラインアウトなどの空中戦でも主役になる事を義務づけられているロックであろうか。

 

ロックの名前の由来は「スクラムに鍵をかける(=ロックする)」というところから来ているという。

 

スクラムでは第二列に位置し、後列に位置するナンバーエイトからの押しの力を前に伝えつつ、自分は第一列のプロップをしっかりと支え、スクラムが押されないように文字通り「ロックする」役目を担っている。

 

ラインアウト、相手のキック攻撃などでは高く飛び上がりボールを奪取する役目を担うことが多い。この為か大抵のチームでロックはチーム一の巨漢がなる事が多い。

 

モール、ラックといった密集では核となり、ここでも相手に押されないようにしっかりと踏ん張る役目を担う。

 

モールを押してそのままトライを狙う、いわゆるドライビングモールのときは巨漢ならではのそのパワーを生かして前へ進むエンジンの役目になる事が多い。

 

ドライビングモールが分からない方は、下記↓の動画を参考に。

 

スクラムからボールがバックスに供給されライン攻撃が形成されると、ボールに沿って追いかけるナンバーエイト、フランカーより少し後方をフォローし、バックス、ナンバーエイト、フランカーがタックルミスをして抜けてくる相手を確実に止める役目を担う。これを「(第)二線防御」と呼んだりする。

 

こうして書き出してみても、ロックの仕事は実に多い。これらの仕事を黙々と、しかし確実にやっていかなければいけないのである。

 

2015、2019年ワールドカップ日本代表のルーク・トンプソンなどはこの典型であろう。

 

決して派手さはないが、ただひたすらに縁の下の力持ち的な自分の役割を黙々とこなす。2015年の南アフリカ戦でアナウンサーが実況したとおり、まさに「泣けてくるほど頑張る男」なのである。

 

ロックのキツさとは実はこれだけでは無い。

チームの支柱

先に書いたとおり、ロックはチーム一の巨漢がなる事が多いポジションである。つまり、そのチームで「一番強い男」がなるポジションなのだ。

 

そのロックが、相手チームのロックにいとも簡単に倒されたりしてしまうと、チーム全体に「おや...?」という空気が流れてしまい、精神的に不利になってしまう。

 

ロックのキツさとは、その仕事の多さもさる事ながら、「絶対に負けてはいけない」というプレッシャーを受け続けて戦い続けること。まさにその一点をもって「一番キツいポジション」なのだと言えよう。

↓世界最高峰のロック マロ・イトジェ

 

-ラグビーQ&A